So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
材料相場、需給 ブログトップ
前の10件 | -

天然ゴム価格低迷、タイでRoadMap of Rubber, rubber industryで講演の準備 [材料相場、需給]

天然ゴムが下がり続けています。ただそろそろ底値という感じもしますが。
米中貿易戦争の結果、中国製トラックバスタイヤは来年1月から米国への輸出はほとんどダメになるであろう。そのためその天然ゴムが不要になる。また中国経済が急にブレーキがかかり、これも天然ゴムの新規成約が減ることになります。ブタジエンも同じ。中国国内でSBR,BRの生産が急に落ちてきました。ブタジエンが余りだし、価格が$1000/MT近くまで下がりました。ナフサ価格価格を考えると今のブタジエンは下がりすぎ。
しかし中国のタイヤが米国に輸入されなくても、その分どこかでタイヤ生産がふえているはず。でもどうして天然ゴム価格が下がる? その理由は、天然ゴムの価格は中国勢のトレーダーの影響が一番大きい。日本のタイヤメーカーの購入数量で天然ゴム価格が変わることはあまりない。ちょっと変ですが。 
今週は東京の墨東ゴム工業会の一行を台湾にお連れして、台湾の機械メーカー見学をします。そのあと台湾からタイに向かい11月12日にタイゴム協会に招待されて、Demand&Supply,Pricing of Rubberというテーマで講演をします。Road Map of rubber and rubber industry という天然ゴム、合成ゴム、ゴム成形メーカー、関係者のWORKSHOPです。日産自動車、タイの天然ゴム関係者、電気自動車のFOMMの方が講演をします。その原稿を今作っています。帰国してすぐに関西ゴム技術研修所での2時間講演「ゴム産業、日本と世界の違い」というテーマです。こちらも原稿が完成しました。
12月20日18時からラジオNIKKEI マーケットトレンドという番組に出演して天然ゴムについてラジオ生放送にでます。生放送なのでちょっと緊張しますが。スマホやPCのradiko.jp ラジコでラジオがなくても聴けます。
先週末は日印協会(日本ーインド協会)の交流会に参加しました。協会の事務局長は元横浜ゴムの技術者インド駐在員で、数年ぶりにお会いしてびっくりでした。



nice!(0)  コメント(1) 

ブタジエン価格がどんどん下がる、今週も出張で大忙し。 [材料相場、需給]

この数j週間ブタジエン価格がどんどん下がっています。$1700/MTだったものが今や$1000/MT近くまで下がっている。理由は中国のタイヤメーカーがタイヤ生産を減産。米国向けのタイヤ輸出ももうすぐ全滅と思い、今後の生産を減らしている。中国特有の特徴ですが、もっと天然ゴム、ブタジエン(合成ゴム) の価格が下がると思うと、急に購入を控えて、底値に下がるまで待つという姿勢になっています。
ただ今のブタジエン価格はナフサ価格から考えると下がりすぎだともいます
 今週はB,Y,S,T社のタイヤメーカー購買部にお伺いしてフランスのゴム薬品メーカー社長、営業部長を連れて面談、さらにその間で山口の取引先にまで半日で往復。木曜日にはこれ以外にも大阪でゴム関係者と面談と会食、金曜からは和歌山から南海フェリーで徳島入り。取引先のO社に打ち合わせ。下の写真の製品を化学工場の横の工場で生産してました。
その横ではボンカレー工場もありました。ボンカレー工場はまるで石油化学工場みたい。材料倉庫にはジャガイモが。
DSC06559e.jpg20181026_104138e.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

日中ゴム産業フォーラムを終えて、米中貿易戦争の行方 [材料相場、需給]

2018年10月18日に東京で第三回日中ゴム産業フォーラムが、加藤事務所とゴム報知新聞の共催で開催されました。中国側から中国ゴム工業協会徐副会長以下15名が来日され、加藤も日本のゴム産業の動向、新技術、開発動向を講演し、また中国側講演とパネルディスカッションの司会をしました。
加藤として注目すべき事柄は、中国のタイヤは、乗用車タイヤは米国輸入時にすでに重いアンチダンピング税がかかっており、今回の25%課税(来年1月から)がほとんど輸出は難しくなり、トラップバスタイヤは今まで米国輸出が好調でありましたが、今回の25%課税で大打撃を受けるであろう。中国のゴム製品輸出の26%、タイヤ輸出の13%、ゴム靴輸出の28%が、米国向け輸出でこの分が大きく影響を受けるとのこと。
すでに中国のタイヤ生産は前年比でいままでは+5から8%年々伸びてきたが、2018年は+3%の伸びに減速するであろうとの話がありました。
今年、中国での合成ゴム輸入には、ブチルゴム、NBRにアンチダンピング税がかかるようになったが、これで国内の合成ゴム会社は赤字が止まり黒字化して喜んでいる。これをみてEDPMも、中国国内EPDM合成ゴムメーカーの中にはアンチダンピング税を申請したいとの考えがあるが、まだ具体化していない。中国ゴム工業協会としては、この輸入合成ゴムのアンチダンピング税課税には反対の立場である。
日本からは日本ゴム工業会松谷専務理事から、日本のゴム産業現状の説明をしてもらいました。
中国側からは 中国のタイヤ生産の現状、中国でのタイヤラベリング制度開始の実態、合成ゴム輸入アンチダンピング課税の影響、その他を説明してもらいました。
詳細については、加藤事務所までお問い合わせを。
発表の一部は下の写真のとおりです。ゴム薬品会社,カーボンブラックの売上ベスト10社のリストも。
3rdChina-JapanrubberindustryForam2018party.jpg


3rdChina-JapanrubberindustryForam2018.jpgChina-USAtradewar-tirerubberindustry.jpg10BigrubberchemicalscompniesinChina2017.jpg10BigcarbonblackcompniesinChina2017.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

米中貿易戦争の結果日本のタイヤ生産が増える? [材料相場、需給]

ここにきてタイヤゴム原材料の値上げはあちこちからでています。原油高、ナフサ高、クロロプレンゴム不足、シリコンゴム不足なので仕方がないことなのですが、将来原油がさがったときにはしっかり値引交渉しましょう。
米中の貿易戦争で 中国製タイヤが実質米国への輸入が大幅に減り、その結果中国のタイヤ会社の減産が広がっています。その結果、天然ゴムが売れず、中国上海、青島での輸入在庫量が増え続けている。売れないのです。よって価格が下がったままです。またブタジエン価格もナフサ価格が上がっていますが、かえって$1700/MTから$1300/MTと下がってきています。これも中国のタイヤメーカーのSBR,BRの買い控えのせいです。
さらに日系タイヤメーカーでも中国で生産して米国に輸出していたタイヤが米国で輸入関税が10%、1月からは25%となるので、急遽生産場所を中国から日本、タイ、ベトナムに変更しています。これで日本のタイヤ生産が10月以降は10%近くUPするという情報もあります。日本のタイヤ生産はこの数年0%成長か+1%ぐらいでした。これが数%増加になる可能性があります。すると日本製のタイヤ用ゴム原材料の需要も伸びるか? 
先週は神戸、福山と毎日出張が続きました。往復飛行機で日帰り。今週は日中ゴム産業フォーラムで講演と司会をします。韓国のNBRメーカー関係の打ち合わせもあります。
下の写真は中国タイヤEXPO2018の様子と 神戸空港での写真です。さすが関西ですね。

CHINATIREEXPO1.jpg
CHINATIREEXPO2.jpgCHINATIREEXPO4.jpg20181010_124445.jpg20181010_124720.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

JSR合成ゴム値上げ、櫻護謨100周年、日中ゴム産業フォーラム [材料相場、需給]

国内合成ゴム最大手JSRから合成ゴム値上げが発表になった。以下のとおりであるが、原油高であれば仕方がない。発表は昨年2月ぶりになる。加藤事務所が日本ゴム工業会での半年ごとの原材料講演で合成ゴムの価格動向予想を発表しているが、昨年2月の上げ、8月、11月の下げ、今年の2月、5月、8月、11月に上げを合計すると大体このJSR発表ぐらいになる。もっと上がるかと思ったがごく最近のブタジエンの下げが影響しているか?これは米中貿易戦争により中国のタイヤ生産が減産している結果か?
デンカもクロロプレンゴムを11月から¥44/kgの値上げを発表した。これは世界のクロロプレンゴムの不足によるもの。さすがに会社の値上げ発表の理由が、安定供給と事業の維持継続のためとしている。まったくそのとおり。値上げしないと増産投資ができない。
10月9日から東京商品取引所TOCOMが天然ゴムTSRグレードを上市する。先物契約で中国、日本の投資家を呼び込みたいとの考えか。加藤事務所の加藤は11月か12月に東京商品取引所で天然ゴムのセミナーをやる予定です。その際ラジオ出演があり、天然ゴムのマーケットについてラジオで解説します。
先週は櫻護謨100周年パーティーに招待されました。100周年とはおめでたい限りです。副社長と話していて、櫻護謨が軍艦の重油ホースを生産したところから会社が始まったとのこと。当時はNBRはなく、天然ゴムホースにセロファン、ワイヤーを巻いて、耐油性を出したとのこと。これはすごい。その後ゼロ戦航空機の燃料ホースも手掛けたとのこと。
10月18日にゴム報知新聞と共同で、第三回日中ゴム産業フォーラムを東京で開催します。中国ゴム工業協会の徐副会長以下16名が来られます。加藤も講演と司会をします。ぜひ中国の環境規制がいつまでつづくか? 米中貿易戦争のゴム業界への影響は?などを中国側に話してもらいます。ご興味のある方はぜひご参加を。今講演原稿を作成中です。
週末は東京の青梅鉄道公園に行きました。蒸気機関車が展示され、実際に機関車運転室の操作ができるところはなかなかない。
JSRneageJSRletter10-2018.jpg
nichuugomuforam10-2018.jpgsakurarubber100shuunen1.jpgsakurarubber100shuunen2.jpgoumetetsudoukoen2.jpgoumetetsudoukoen1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

ゴム不足 シリコーン、クロロプレンゴム 中国製試しに買いました, ベトナム行き [材料相場、需給]

今年の初めからシリコーンゴム、フッ素ゴム、クロロプレンゴムの不足が続いています。各社が増設を決定しましたが、増設工場が稼働するまで1年はかかります。その間どうするか?
加藤事務所では、試しに、中国の重慶長寿化工(昨年環境問題で工場を閉鎖しましたが、その会社が代わりに2017年末に新工場を建設稼働させました)のShanxi Huijia Changhua Synthetic Rubber社からクロロプレンゴムを14トン買いました。その試験表が以下のとおり(ちょっと日本のCOAと違いますが)。またシリコーンゴムも不足しているので、これも試しに、中国のJIANGXI BLUESTAR XINGHUO SILICONE社から 14トンほど買ってみました。試験表は下の通り。
これは日本には持ってきません。当社のインド合弁会社で使ってみます。ここでコンパウンドして、またユーザーに使ってもらい、その評価を得ます。 使えるものかどうか試してみます。
価格は? 相場ですが、クロロプレンゴムは相当高い。世界中でもの不足ですから仕方がない。高くても欲しい時は買わざるを得ない。日本のいつものユーザー向けの価格の方が相当安いと感じます。
たぶんこの中国製新工場品のクロロプレンゴムを買ったのは当社が初めてか?
 先週はベトナムに1日半出張、いつものベトナム航空A350機で往復、VRGJAPANで社内会議と天然ゴム工場で技術品質打ち合わせ、また夜行便で成田に戻り、そのまま朝は山口に直行、台湾製ロールの試運転に立ち会い、土曜日は台湾技術者と秋芳洞へ。夕方福岡空港で見送り、東京にトンボ帰り。日月は会社でレポート作成。やれやれ休みがない。
ShanxiHuijiaChanghuaSyntheticRubberCR.jpg
 China Bluestar SiliconeRubberShinichiKatoOffice9-2018.jpg
20180919VN301flight.jpgHoChiMinhCity9-20-2018.jpgPhoucHoaLabo9-20-2018.jpg24inchMill9-22-2018.jpg9-22-2019Akiyoshidou.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

米中貿易戦争第三弾、タイヤ購買、日本ゴムトレーディング協会、バンドー化学フェアー [材料相場、需給]

1.19日に発表された、米国による、中国製品輸入に追加関税をかける発表で、ついに中国製タイヤ全部、合成ゴム、ゴム製品、ほとんどの化学品(加硫促進剤、老化防止剤を含む)が9月24日輸入分から10%の追加関税、さらに1月からはこれが25%の追加関税がかかることがわかりました。
これで中国から米国へのゴム製品(日系中国工場製造品も)に追加関税がかかります。25%課税となると相当コストアップになる。中国の米国向けタイヤ輸出をブレーキがかかり、これで天然ゴム価格の低迷はつづくであろう。中国でのSBR,BR需要もその分は減りブタジエン価格も下がる方向にうごく。(原油高と相殺されるかもしれないが高騰はしづらくなる)。ついにタイヤ、ゴム製品も報復関税の対象になった。また米国で流通している加硫促進剤、老化防止税も50%以上が中国製であるため、これも米国国内で値上がりになります。


2.10日今週は某タイヤメーカー購買部長、オイルシール最大手購買部長、大手自動車ゴム部品メーカー購買部長との面談が続き、さらに某自動車メーカー調達室(タイヤ購買)と定期的な打ち合わせ(天然ゴム、ブタジエンの見通し)をして、その後13日にはバンドー化学が東京秋葉原でテクノフェア―2018を開催されたので、参加しました。購買部長に挨拶。フェアーは下のとおり。
さらに金曜から日本ゴムトレーディング協会(9月に日本ゴム輸入協会から改名しました)の会合に参加、山形で開催されました。翌日は協会のゴルフ。この間に北米ゴム練り会社と深夜の電話で打ち合わせ。日曜祭日は、会社で某大手ゴム原料メーカー向けにEPDMの世界需要見通し調査報告書の作成。TPVが世界でどんどん伸びているのを実感、特に中国でのTPVの伸びすごい。EPDMもこのTPV需要で、いままで各メーカーの生産能力増で余剰感があったが、今後EPDMも余剰はなくなりそう。米国では10月からEPDMの値上げ¥10/kgぐらいが各社発表された。
来週は2日間だけベトナムに出張します。
bandochemicalFairTokyo9-13-2018.jpgRTAJapanGolf9-15-2018.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

ランクセスが合成ゴム事業をやめる。サウジアラビアARAMCOに売却 [材料相場、需給]

合成ゴム世界最大手のランクセスは合成ゴム事業をサウジアラビアの石油、石化メーカーAramco社に50%売却し、合弁会社Alranxeoとして合成ゴム事業をやっていましたが、残りの50%はAramco社に売却し、合成ゴム事業はすべて売却することを発表しました。これでランクセスがやっていた合成ゴム、S-SBR,BR,ブチル、EPDM、NBR、CR等はすべてサウジアラビアの会社Aramco社のものになります。ランクセスは合成ゴム事業に見切りをつけたともいえましょう。日本ではランクセスの合成ゴムはタイヤ向けはランクセス日本経由、工業用ゴム部品メーカー向けには日本の代理店経由販売されているようですが、ドイツの合成ゴムがサウジアラビアの合成ゴムメーカーになると、販売方針、技術サービス?そのあたりは?
もちろんAramco社での販売責任者はいままでランクセス社からの出向者がやっていましたが、これらの人がいなくなるとすると、販売、品質、業務、輸出部門もかなり変わるのでは?この辺りは加藤事務所も同じサウジアラビアのSABIC社との取引で苦労していますので。
公式には 
http://lanxess.co.jp/jp/media-japan/media-japan/press-releases-japan/jp-lanxess-sells-arlanxeo-share-j/ に発表されています。
加藤は先週は宮崎でゴム工場2社に出張し、ゴム材料の打ち合わせをし、また11日土曜は広島に日帰出張して、ゴム機械の点検、打ち合わせでした。
宮崎の都城の町をレンタカーで走っていると、なにやら化学プラントのようなタンク群がありました。よくみると霧島酒造の焼酎工場です。タンク群は、麹からバイオマスガスを回収して、エネルギーに使う装置でした。
広島から羽田の帰り便はラッキーで、国際便につかう機体がたまたま使用され、座った席は普通席なのに、国際線ビジネスクラスのシートでした。おかげでフラットベットになり、ゆっくりできました。さすがに機内の映画はありませんでしたが。
Miyazakikirishimashuzou2.jpgMiyazaki20180807_133049.jpgHiroshima20180811_203725.jpgHiroshima20180811_203937.jpgLanxessSellRubbertoAlranxeo8-9-2018.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

中国NBRメーカーリスト (日本製NBRにはアンチダンピング税課税) [材料相場、需給]

7月より中国に輸入される日本製、韓国製NBRにアンチダンピング税が課税されました。それ以来取引先から中国で生産されているNBRはどういうメーカーがあるか?生産能力は?グレードは?との質問が当社にきています。そこで下の通り、2017年現在のリストを作ってみました。
現在NBRは PETROCHINA社 生産能力年7万トン、 鎮江南帝化学(台湾系)年5万トン、寧波順沢NingboShunze年5万トン、金浦英薩INSAGPRO(メキシコ系)年3万トン、阿朗台橡(南通)Alranxeo-TSRC(ドイツ・台湾系)年3万トンの5社で生産能力の合計は年23万トンです。
このうち3社が外資系で、台湾NANAR, メキシコINSA, ドイツLanxess+台湾TSRCです。
加藤事務所には各社のNBRのSPEC表がありますのでご希望の方は当社までお問い合わせを。info@rubberstation.com または03-5645-8670までどうぞ。
CRも世界で不足していますが、中国の長寿社(新工場)から加藤事務所ではグレードCR2322、CR2444,CR2442を1コンテナー購入しました。インドの合弁会社ゴム練り会社IndoJapanPolymersで試しに使ってみます。その結果は後日ご報告します。
ChinaNBRlist2017.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

日本ゴム工業会で資材関係の講演、台湾製ロール試運転立ち合い [材料相場、需給]

7月24日は台湾でニーダーマリナリー社製24インチロールの出荷前試運転立ち合いをして、その後日本の取引先の方と台湾名物の夜市でぶらぶら、台南市名物の度小月のタンツー麺を食べて、その後東京にとんぼ返り。
26日は日本ゴム工業会で原料資材関係の講演を2時間行い、その後同工業会の中小企業委員会でも講演をしました。下の通り、原材料の需給関係、価格動向を説明。また来年から始まる、EU向けのRoHS2で可塑剤DOPが規制されるので、合成ゴム、コンパウンドでもDOPを使わなくなる動きを説明しました。また最近は米中の貿易戦争は激しくなり、その影響でゴム原材料でも影響がでる可能性を説明しました。中国が輸入材料について、関税を追加で設定する動きが激しくなっています。今後も注視していく必要があるでしょう。
NihongomukyoukaiShizaikouennkai7-26-2018-1.jpg
NihongomukyoukaiShizaikouennkai7-26-2018.jpgNihongomukyoukaiShizaikouennkai7-26-2018-2.jpgNihongomukyoukaiShizaikouennkai7-26-2018-3.jpgDSC06045E.jpgDSC05999E.jpgDSC06055E.jpg20180724_193724E.jpg20180724_212604E.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 材料相場、需給 ブログトップ