So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ブタジエンが高い 合成ゴム価格が上がる [材料相場、需給]

原油価格がイラン、中東情勢緊迫の影響で上がってきており、その影響と アジア地区のエチレンセンターの定期修理が各社で行われているので、ブタジエンの原料コスト高と供給減でブタジエン価格がこの1か月あがってきています。4月下旬はナフサ価格$600/MT、ブタジエン価格$1300/MTが5月下旬にはナフサ$700/MT、ブタジエン$1750/MTになっています。これでは8月からの国内合成ゴムは、円安もあり、さらに価格があがりそうです。3,4月に加藤は各地のゴム工業会での講演で、5月から合成ゴムの価格があがり、8月にはやや下がるかも と発表していましたが訂正します。意外に円安がすすみ(US$の金利が米国で上がり始めたため円安がすすみ)、米国が5月にイラン制裁を発表したため、原油が想定以上に上がり始めているので、ブタジエン、ナフサ価格があがり、8月からさらに国内合成ゴム価格があがるでしょう。
 ただブタジエン価格上昇の要因で、アジア地区エチレンセンター定修による供給減は6月になると定修が終わり、供給が回復するので、その分は値下がり要因になります。原油価格については、先行き不明です。ただナフサの変動に比べてブタジエン価格の変動はナフサの変動の2倍になります。この原油高はカーボンブラックの再値上げにもつながります。
海外ではブチルゴムの価格がかなりあがりました。これは中国の異常なアンチダンピング税のせいです。
しかし天然ゴム価格はあがりません。供給潤沢なのと、中国の買いがおとなしからです。
 加藤は、今週は日本ゴム協会年次総会で世界のゴム練り市場について発表をして、またこの総会の委員もやっていますので、毎日会場にいいます。来週はインド出張です。
BD2018-5.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。