So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

台湾出張 天然ゴム相場(タイの選挙?) [天然ゴム]

先週ヨーロッパ出張から帰りましたが、1日間東京にいて、火曜日から台湾へ、台湾滞在20時間でとんぼ帰り、羽田空港到着が夜の2時。さすがに疲れる。翌日は今後は午後に徳島へ出張で日帰り。羽田空港に24時間で2回着陸するとなると、ちょっとやりすぎか。
台北の空港行きのMRT(電車)の車内広告が下の通り。阪急阪神電車と京成電鉄の広告で、ちょっとみると日本語に見える。
ブタジエン価格は動かず。中国の景気回復待ちか。天然ゴムはこの3週間があがったが、とりあえずここでピークか? 天然ゴムの木の落葉期で、天然ゴムの供給が少なくなっている時期で、さらにタイの選挙が3月下旬に、それに合わせて、タイ、インドネシア、マレーシアで天然ゴムの輸出を減らす発表あり。具体策は専門家から見てちょっと具体性がない。実現可能性が疑問。ただ天然ゴム相場は、これらの輸出削減の発表だけで、今後の見通しだけで、価格が動きやすく、とりあえず、価格上昇の目的は果たしたとみるべきか?タイの選挙票対策という、いつものパターンとも考えられる。タイ、インドネシアは道路アスファルトに天然ゴムを使うと発表したが、これは北米、カナダの寒い場所で、アスファルトのひび割れ防止に使う手法、タイでは??
この辺りについては3月15日の日本経済新聞朝刊マーケット欄に詳しく解説記事がでています。
下のとおり、加藤事務所加藤のコメントもあり。このコメントは台湾出張時に携帯電話で記者に説明したものです。
20190313_191834e.jpg20190313_193505e.jpgNikkei3-15-2019Katojimushoe.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

TiretechlonogyEXPO, JSRハンガリー工場 [海外]

今週は北京経由で、フランスに入り、パリから新幹線TGVに乗ってボルドーへ。ゴム促進剤メーカーMLPC社で打合せ、社長と会食。フランス人からみて、日産の元社長ゴーンは脱税でけしからん奴だ。でも税金と報酬を戻せば、解放すべき、検察の勾留が長すぎる。とのこと。その話をしたら翌日実際に勾留が解けてフランス人の願いが通じたか?次の日はボルドーからドイツハノーバーへ、そして世界一のタイヤ技術展示会TIRE TENSHHEGY CONFERENCE&EXPOに参加.。ハノーバーの中央駅から市電に乗ってメッセ会場へ。旭化成、日本ゼオン、中田エンジニアリング、神戸製鋼所、リックス、信越化学工業、クラレが出展していました。加藤はイタリアのカレンダーメーカーRODOLFO COMERIO社のブースで、日本のタイヤ関係の技術者、購買関係者と打合せ。ゴム会議でタイヤ産業の将来について講演を聞く。ヨーロッパは環境やタイヤスクラップをタイヤ原料のいかに再利用するか真剣に考えています。タイヤのマテリアルリサイクルの話はこの会議で聞くのが毎年楽しみです。ブラジルのもみ殻を焼いて灰にして、そこからシリカを取り出し、タイヤ用にシリカにして販売する会社と打合せ。ドイツ資本の会社ですが、さすがヨーロッパの考えです。ほぼ今のシリカと同じコストでできるとのこと。すでにプラントあり。
ハノーバーからハンガリーの格安航空会社WIZZAIRに乗ってブタペストへ。そこから予約した乗り合いバスに乗って、Tiszaujvarosへ、ハンガリー一の石化メーカーMOL社の街です。鹿島か四日市みたいな街です。そこでJSRがMOL社と合弁で建設中の年5万トンのSSBR工場へ、当社も試験機、プレス、ベールカッターその他を納入しており、試運転、運転指導をして引き渡し。JSRMOL社の長友社長と再会、会食。SBRプラントは3年越しのプロジェクトで間もなく試運転開始か?。MOLの大きな石化コンビナート内にあり、近くにはブタジエン13万トン製造ラインもあり。いよいよJSRのEUでのS-SBR生産が始まります。金曜日はレンタカーでブタペスト市に戻り、街を散策。ドナウ川の両岸に観光名所がいっぱい。
以上今週1週間のスケジュールでした。下の写真で、JSRプラント写真はDAILYHUNGARYNEWS紙からの引用です。空中からの写真はGOOGLEより。
DSC07346e.jpg

DSC07361e.jpgDSC07367e.jpgDSC07368e.jpgDSC07409.JPGDSC07412.JPGDSC07438e.jpgDSC07432e.jpgDSC07442e.jpgDSC07446e.jpgDSC07448e.jpgDSC07437eNagatomoCEO.jpgMOLJSRPLANT.jpgDEBRE20180319026DailryHundary newse.jpgDSC07463e.jpgDSC07471e.jpgDSC07504e.jpgDSC07520e.jpgDSC07593e.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

日経新聞記事2月27日

2月27日の日本経済新聞朝刊に天然ゴムの記事があり、加藤事務所のコメントも載りました。取材はだいぶ前だったと思います。記事は下のとおり。
天然ゴムの価格がだいぶあがってきました。タイ、インドネシア、マレーシアの政府関係者が集り、輸出量を減らす(具体的には3月上旬の打ち合わせ)ことと各国国内で天然ゴムの消費を増やすということを決めた発表がありました。その発表を受けて、思惑で価格が上がってきています。具体策をみないとその効果はわかりませんが、タイの選挙も間もなくですのでタイとしては農民にプラスになることを今したいということでしょうか?
今日から数日間海外出張です。下は北京の空港の写真ですが相変わらず空気が汚れています。

Nikkeisinbun2-27-2019 E.jpg20190303_125203.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

天然ゴム市況 日経産業新聞2月20日掲載、テレビ朝日、番組スーパーJチャンネル2月23日出演 [材料相場、需給]

今週はいろいろなところで加藤事務所のコメントがでました。

2月20日の日経産業新聞では以下のとおりに。この取材は2週間ほど前でした。

また2月23日(土曜)の テレビ朝日の土曜午後4時半から6時までの「スーパーJチャンネル  週刊ニュースランキング」でも加藤事務所 加藤の電話出演をしました。以下の通りですが、米国のハイウェーで雪にスリップして大事故があり、どうしてこんなことになったか についてテレビ朝日から取材を受け、電話で解説しました。 米国ではスタッドレスタイヤ(スノータイヤ)はほとんど使われていません(使用率10%以下)。雪が降っても塩化カルシウムの融雪剤をすぐに撒いて雪を溶かします。溶けるまではのろのろ運転すればいいのですが、実際には結構なスピードで雪の上を夏と同じタイヤ(オールシーズンタイヤ)で走りますので、視界が悪い高速道路で停止すると後の車は止まれず事故になってしまいます。 という話です。 ちょっと加藤の写真が大きく出たのにはびっくりしました。


米国が15日に 中国製トラックバスタイヤのアンチダンピング税を正式に決定しました。メーカーによって違いますが、だいたい40%程度(21から63%)アンチダンピング税を付加します。即日実施です。これにより 米中貿易戦争の解決がたとえあっても 中国製トラックバスタイヤは米国市場には数年は入れないでしょう。 中国の天然ゴムの買いはその分減ります。(すでに減っていますが、なかなか増えないでしょう)

今日は大手証券会社でタイヤのマーケット、タイヤ各社の現状についてミニ講演をしてきました。
原料事情、今年の見通し、各社の事情等についてです。
会議室からの眺めが素晴らしかった。
NikkeisangyoshinbunCopy2019-2-20 Copy.jpg 20190223-2e.jpg 20190223-1e1.jpg20190223-5e.jpg20190223-4eSuperJChannel-TeleviAsahi.jpg20190223-6e.jpg20190223-7e.jpg20190221_154223e.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

天然ゴム市況 日本経済新聞記事 加藤のコメント [天然ゴム]

2019年2月5日日本経済新聞朝刊のマーケット商品面に天然ゴム市況についての記事がでました。以下の通りです。これは日経電子版1月29日のサイト https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40441990U9A120C1000000/ にも同じ記事がでています。
その記事の中で加藤事務所 加藤進一のコメントが載っています。 天然ゴム市況はなかなか予想どおりにならないものですが、この記事の取材は1月中旬にありましたので、その時点でのコメントです。内容は記事のとおりですが、市況価格が12月からちょっと上がり、天然ゴム生産者としては、赤字レベルからは脱しましたが、もうちょっと上がってほしいと願っているはずです。
2月4日の週は東海地区の稲沢市北島の某社と四日市市川尻町の某社で打ち合わせ。帰りは久しぶりにディーゼル車に乗りました。来週は東部工業用ゴム製品卸商業組合工業用品部会で「世界のゴム産業」というテーマで講演します。
 Nikkei2019-2-5NaturalrubberA.jpg20190208_120607E.jpg20190208_121723E.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

ゴム原料の価格は落ち着いて [材料相場、需給]

2019年に入り1か月がすぎたが、天然ゴム、ブタジエン(合成ゴム、SBR,BR、EPDM)の国際相場は落ち着いています。現在は天然ゴムは RSS3 シンガポールUS$1.60/kg,ナフサ国内¥40500/KL(現在相場MOPJから計算)、ブタジエン$1200/MTと12月とあまり変化ない。ざっというと2018年春と同じレベルで、18年後半の原油高によるゴム原材料の高騰はもとに戻ったような状況です。今後はとなると、原油次第ですが、天然ゴムRSS3は国内価格は12-1月は期近受け渡しが例外的に高かったがこれも収束するであろうから、今後はRSS3も¥190/kg東京大口渡しぐらいになるでしょう。天然ゴムの産地では、まだ価格が安いのでもう少しなんとかしてほしいとの圧力があります。ただ中国の天然ゴムの買いが消極的なので、今後の米中貿易戦争に行方と中国の景気浮揚策に注目です。EPDMはDowのアジアでの安値攻勢と サウジアラビア製EPDM品の安い価格が気になります。ゴム会社からみると価格が落ち着いてほしいと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

インド インドジャパンポリマーズ 日印工場 [ご紹介]

インドMumbaiでのゴム展示会に続き、グジャラット州バドラーラ市(人口200万人)のNH8号線(ニューデリーとムンバイをつなぐ主要なハイウェー国道)に面した工業団地にある、当社50%出資の子会社インドジャパンポリマーズの工場に行き、製造現場の確認と役員会です。下の写真のとおりで、月200トンぐらいで3直フル生産中です。当日は、黒、青、白のカラーマスターバッチ、樹脂コンパウンドを製造中で、このうち1つは日系自動車メーカー向けの樹脂コンパウンドとなります。5Sをキチンとやっていますので、床もきれい。(もっとも私が来るので前日大掃除したとか?)1か月前にISO9001(2015)を取得したばかりです。当日ISO9001の認定書が届き、お祝いです。試験室ではカラーサンプル、TPE,TPU,薬品マスタバッチの試作品をどんどん作っており、400種以上のサンプルができていました。試験用射出成形機、ブロー成型機もあります。工場からでる排水はリサイクルしています。どうしても最後に出る水は工場敷地内の庭に撒いて花、野菜?を育てています。よって工場外には排水ゼロです。意外?と環境規制が厳しい。役員会では次の工場ライン拡張についていろいろと議論しました。どれも相当な資金が要る話です。場合によっては建屋をもうひとつ建てなければ。
ISO9001取得とフル運転にみんな頑張ったので、社員全員に記念品の特製金貨を配ることにしました。さすが金好きなインド、ご褒美記念品は金貨です。
最後に インドでAmazon.in のサイトをみると、日本にはないものが。トップページで、インド衣装のサリーの特売ページがでてきます。そうか最近はサリーもAmazonで買うのか、この広いインドで、Amazonが家まで配送してくれることがすごい。
その後帰国し今週はゴム上場企業の社長さんと1.5時間いろいろと打ち合わせ(おしゃべり)してきました。
MiniDSC07176E.jpgMiniDSC07212.jpgMiniDSC07218.jpgMiniDSC07222.jpgMiniDSC07221.jpgMiniDSC07225.jpgMiniDSC07223.jpgMiniDSC07236.jpgMiniDSC07239.jpgMiniDSC07213E.jpgDSC_1100.JPGMiniDSC07190.jpgMiniDSC07191.jpgMiniDSC07232.jpgDSC_0986.JPGDSC_1124.JPGDSC_1037.JPGDSC_1132E.jpgMiniDSC07175E.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

インドゴム展示会 IndiaRubberEXPO2019 [海外]

今週はジャカルタから戻り2日間だけ東京にいて18日からインドMumbaiでのインドゴム展示会に参加、子会社が出展です。この展示会はアジア最大のゴム展示会で(中国を除く)、ゴム材料、機械メーカーを中心に、300社以上、参加者が2.5万人、会場広さが2.6万m2と大きなゴム展示会です。インドの材料、機械メーカーが多いのですが、世界の主な原材料メーカーも代理店を通じて出展しています。日本関係では日本ゼオン、デンカ、信越化学、三福工業、AGC(旭硝子)、その他JSR,東ソー、アクロス商事、東京材料等が出展していました。三福工業はインドでゴム練りをやっています。加藤事務所はインドではパートナーのRamcharanCompanyと合弁でIndo-JapanPolymers  ( http://indo-japan.in/ ) でゴム練り販売と 樹脂練り製造販売をしており、Ramcharan社のブースに子会社として出展しました。日印マークです。この子会社ではSAPで社内システムを運用しています。下の写真のとおりです。
インドにいると、ロシアのカーボンブラック、 中国のゴム薬品、 サウジアラビアの合成ゴム、もちろんインドの合成ゴムメーカー(ISRL と RELIENCE )のブースがあり、なかなか日本、アジアでは見かけない原材料メーカー、インドのゴム機械メーカー(これもたくさんある)をチェックすることができます。
通路を歩くと、加藤にインド人から 久しぶりと 声をかけられますが、だれだったか忘れていることも多くこまってしまいます。展示会終了後Ramcharan、Indo-JapanPolymersの営業マン全員で写真撮影です。
この展示会で、3月に会うはずのフランスゴム薬品メーカー、イタリアカレンダーメーカーの幹部に会い、その場で打ち合わせしました。
サウジアラビアのARAMCO-住友化学のEPDMは順調に生産開始しています。日本には輸入されていませんが。
世界のゴム関係の展示会、EXPOについては、ゴム報知新聞NEXT 加藤事務所のコラム https://gomuhouchi.com/serialization/17770/ をご覧ください。
ムンバイの交通渋滞はますますひどくなっています。現在地下鉄を8路線建設中ですが、それまでは夜まで主要幹線は渋滞だらけ。ただ4日前のジャカルタの渋滞と無茶苦茶な運転に慣れてしまったので、インドの車の運転がなんだか行儀よく見えてしまうのは不思議です。
これから、合弁会社の工場に移動します。
DSC07155e.jpgDSC07139E.jpgDSC07150e.jpgDSC07163E.jpgDSC07170e.jpgDSC_0959.JPGDSC07173e.jpgDSC_0952.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

天然ゴム、インドネシア出張 [材料相場、需給]

12月から天然ゴムの価格が上がっている。1月にはいっていもまだ上がっているが、そろそろピークか? 今まで安すぎたので、天然ゴム農園で農民がこの価格では生活できないと転職し始めたこと、落葉期Wintering期間が間もなく来るので、これから3か月は天然ゴムの供給が減ること、12月までは東京相場にRSS3の裁定玉(12月中にどうしても売らなければならない契約)が残っていたので11-12月はいつもよりRSS3が安すぎたが、これが解消されたこと 等の理由がありますが、今の価格であれば、ゴム農園の農民は生活できるレベルまで戻ってきました。(12月28日の日経新聞の私のコメントが相場があがることに輪をかけたということはないでしょうが)
 13日からインドネシア ジャカルタ地区に出張しています。日系タイヤメーカー、日系ゴム成形会社、ゴム練り会社に、タイヤ材料、ゴム材料、ゴム機械の商談です。ジャカルタ市内はすこしづつLRT電車や高速道路が増えてきました。市内から日系工場があるカワラン、チカンペックまでの高速道路は相変わらず混んでいる。LRTや高速道路の拡張工事がすすんでいる。
日本からBLUEBIRDタクシーハイヤー(GOLDENBIRD)をメールで1日間貸切で予約して1日ユーザー周りです。インドネシアでもCR,シリコーンゴムは不足しています。
市内にはいま急成長中のUBERのバイク版にGRABのバイク(バイクのタクシーで携帯で呼んで乗る)がたくさん走っていました。1年前にはあまり見ませんでしたが、急成長です。街角であちこち、GRABを呼んでいるひとがいました。なるほど、ヘルメットを貸してくれてバイクの後ろに乗ります。一回のってみたいものです。ホテルのテレビでは下町ロケット(DOWNTOWN ROCKET)にインドネシア語字幕でやっていました。
今週は一回東京に帰り、金曜日からインド出張です。
20190113_193539E.jpg DSC07091e.jpgDSC07103E.jpgDSC07098E.jpgDSC07104E.jpgDSC07108E.jpgDSC07125E.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

天然ゴム市況(日本経済新聞コメント)、インド子会社 [材料相場、需給]

今年もあと数日。今年の後半は米中貿易戦争の影響がゴム原材料市況にも大きくでてきた。昨年は中国の環境規制で、今年も中国の市況がそのまま世界のゴム原材料市況を左右してきていた。
12月28日の日本経済新聞(朝刊)のマーケット欄、天然ゴム市況のところに以下のとおり加藤事務所、加藤進一のコメントがでています。27日に日経新聞の取材を受けて、10分ぐらい話をしましたが、それが短く要約するとこの記事になりますが、少々省略された気もします。いろいろな背景があり、結果天然ゴム価格が上昇しています。短期的には下げすぎのリバウンド、ウィンタリング期間が近づいた、長期的にはゴム農民が価格が安すぎて、生活できず、他の産業に流れる、インドネシア、タイ、マレーシアの3か国協議が近々ある。等があります。 日本経済新聞オンラインにも同じ記事があります。
12月17日の石油化学新聞には当社のインド合弁会社に記事がでています。まだ本格決定していない、まだ計画段階の話も含まれていますが、こちらも事業が拡大しています。
1月にはインドネシア出張、その直後にインド出張があり、インドゴムEXPOにも参加、インド子会社経由出展します。
ゴム報知新聞NEXTでは加藤事務所のコラム、ゴム業界常識、非常識の「ゴム業界に展示会EXPOはないのか?」https://gomuhouchi.com/serialization/17770/ の人気記事ランキング3位になり、まずは一安心。この記事は今までのいろいろなゴム関係の展示会に参加した経験を集めて書きました。
来年もよろしくお願いいたします。
Nikkei12-28-2018.jpg

NikkeiONLINE12-28-2018.jpg

INDOJAPANPOLYMERSSekiyukgakushinbun12-17-2018.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -