So-net無料ブログ作成
検索選択

連休は機械の設置立ち合い [機械]

5月の連休は6日間取引先の工場に通いゴム加工機械を搬入、組み立て、設置、調整、試運転の立ち合いをしていました。機械の設置はたいだいゴム工場の長期休みの期間にやることが多いのです。
今回もそういうわけで、加藤は連休はなし。4月29日から土日もなく毎日取引先の工場に朝8時から夕方まで、立ち合いし、自分でも機械の調整をしてきました。無事機械は動き出し、ゴム製品生産がスタートです。そういえば今年の8月のお盆休みも機械の設置立ち合いが決まっています。
 ブタジエンの価格が予想通り下げ止まりし、やや上昇しかかっています。昨年秋のレベルまでは下がりませんでした。やはり中国のタイヤ生産が復活か?
 昨日土曜日にはブラジルの大手ゴム材料商社の社長が来日し、夕食をともにしました。
ブラジルの景気が本当に悪い。自動車生産がこの5年間下がる続け、5年前の30%以上減です。これではゴム産業も失速中で、あと一年はまだ低迷するであろう。この5年間現地通貨とドルとの為替レートが、ブラジルレアル安で、輸入品価格が高騰、しかし輸出が増えず、失業率が高い、収入不安で、ローンが払えず、自動車が担保に取られ、新車自動車購入が進まない。とのこと。
ブラジルの日系ゴム部品メーカーの生産の減っているとは聞いていましたが、ゴム業界人の説明に納得しました。
DSC03156E.jpg
 

日本ゴム精練工業会で講演、台湾出張、天然ゴム [材料相場、需給]

先週は日本ゴム精練工業会総会で原材料の動向、市況、今後の予想と 世界のゴム練り会社の動向について講演をしました。そのいくつかは下のとおり。
また台湾に1日間だけ出張してトンボ帰り。滞在時間20時間ぐらいでしたが、家を出てから先方の会社までやはり10時間ぐらいかかる。ほぼ3週間、毎週1回台湾に通った。今回は往復とも格安航空会社の安い飛行機で。片道1.4万円だから新幹線で大阪に行くよりも安い。下の写真は台湾新幹線の座席で、今回は新型の車両だった。座席のテーブルにペットボルトを立てることができるところが日本の新幹線とちがうか。台湾のセブンイレブンでウーロン茶とおにぎりをかって車内で昼食をとった。
天然ゴム相場価格は、US$ベースでは下げ止まり感がでてきた。やはり、中国の景気回復とインドの好調がその要因か。昨年レベルまでは下がらないであろう。
今週は東京の墨東ゴム工業会で原材料関係の講演をします。
現在当社では中途入社の方(若い方)を募集中でマイナビに採用案内を出しています。すでに50名以上の応募があり、現在一次面接を進めています。こちらの採用関係も忙しいのです。

Nihongomuseirenkougyoukai4-13-2017A.jpgNihongomuseirenkougyoukai4-13-2017B.jpg20170417E.jpg

台湾出張、ブタジエンナフサ価格 [機械]

台湾で22インチロールの完成試験立ち合いに行ってきました。某一部上場企業のユーザー1行といっしょに3日間、当社が代理店をしている台湾ゴム機械メーカーで試運転を繰り返し、さらに修正点40か所のチェック。いつものことです。
4日は時間があったので一人で小籠包の有名な店で昼食。
また当社が代理店をしている油圧プレスメーカーにも、見学と打ち合わせに。こちらもゴム射出成型機2台のご注文を受けて別の日系ユーザーと現地で仕様の打ち合わせをしてきました。写真は製作中のダウンストローク700トンプレスと、この油圧プレスメーカー工場にある、部品自動倉庫(420箱に油圧部品が在庫管理されています)です。
今週は日本ゴム精練工業会総会でゴム材料の市況動向、世界のゴム練り会社の動向について講演をします。その原稿作成で土日は会社に。ブタジエンとナフサのアジア価格をグラフにまとめました。以下のとおり。ブタジエンはどこまで下がるか?天然ゴムもどこまで下がるか 注目しています。
DSC02857E.jpgDSC02877E.jpgDSC02878E.jpg20170404E.jpgBDNaphtha2016-42017.jpg

ブタジエン下がる 台湾出張 [材料相場、需給]

ブタジエンが下がってきている。需給を考えればそのとおりですが、$2000/MTを切りつつあり。あとはどこまで下がるかです。また天然ゴムもRSS3で$2.5/KGを切ってきている。これも$2.0/kgを目指すであろう。落葉期の終わりが意識されてきている。しかしブタジエン、天然ゴムとも昨年10月の相場レベルまで下がるとは考えにくい。中国でのタイヤ生産が相当急増してきているので、需給がしまってきている。またカーボンブラックの値上げがここにきてすごい。国内も2月の値上げに続いて、また値上げになるであろう。
 先週は日本の祭日に台湾に1日だけ出張、機械メーカーで打ち合わせ。台北桃園空港と台北市内、また台湾新幹線桃園駅を結ぶ、MRTメトロが3月2日に開通したので、空港往復でさっそく乗ってきた。空港から台湾新幹線駅まで15分、いままでは空港バスかタクシーだったので、これは便利。
 会社の周りも桜が咲いてきました。会社から東京駅まで桜並木がずっと続いています。
写真のとおり。今週はまた台湾に完成した機械の試運転立会、仕様打ち合わせでまた出張です。
20170402_133810E.jpgDSC02761E.jpgDSC02763E.jpg

ブタジエンが$2000/MTを割る [材料相場、需給]

ブタジエン価格が毎週下がりつつあります。天然ゴム価格高騰と違い、ブタジエン価格の高騰は価格が上がりすぎという感もありましたが、当然さがりつつあります。注目はどこまで下がるかです。今週は$2000/MTを下回りつつありますが、$1500/MTあたりで止まるかです。中国のタイヤの生産が増えてきています。その結果、昨年のように$1000/MTを割ることはないのでは?天然ゴムの価格がここにきてあまり下がらないもの同じ理由です。意外と中国のタイヤ生産が回復しているのです。またアジアのブタジエン工場で、C2,C3を多く取れるようにするため、最近はブタジエンの生成を減らし、エチレンプロピレンがより多く生成するような技術が広まり、結果長期的にアジアのブタジエン生産量が減るという情報もあります。
 今週は神奈川県のゴルフ場に行ってきました。写真のとおりですが、日本のゴルフ場でないみたい?途中でカートでホットドッグ、サンドイッチ、ビール、コーラが移動販売にきます。このゴルフ場には宅急便でゴルフクラブが送れません?。入場にパスポートが必須です。ゴルフ練習場のボール貸出機はドル札しか使えません?もちろんキャディーなしの電動カート。 ここは米軍厚木基地のゴルフ場です。まるで本当に米国のゴルフ場を回っているようです。売店の支払いは$払いで。
明日3月26日から台湾出張です。
2017-3-25NAFAtsugiGolfClub.jpg

インドネシア出張 / ブタジエン下がり始める [海外]

先週のフィリピン出張につづき、今週はインドネシア、ジャカルタ、バンドンに来ています。3日間で日系タイヤ会社、現地系ゴム練り会社、日系ゴム自動車部品メーカーへの訪問です。クアラルンプール空港で4時間夜中に乗り継ぎ、空港のカプセルホテルで仮眠して、早朝の便でバンドンに移動しました。
現地系ゴム練り会社は110Lニーダーと22インチロール(下の写真)があり、A練B練可能で、日系E社のバックアップ的なゴム練りの要請があります。月50トンぐらいは 練れそう。
日系ゴム会社には台湾製ロールの納入と試運転です。無事終了。バンドンのショッピングモールで夕食。丸亀製麺、吉野家もあります。ジャカルタからバンドンの高速道路は橋げたの補修でものすごい渋滞。4時間が7時間かかることも。バンドンはまだ賃金がジャカルタ近郊より40%まだ安いとか。
マレーシアクアラルンプール空港経由AIRASIA機でバンドン入りしましたが、クアラルンプール空港ではあのキムジョンナンが襲われたチェックインカウンター(下の写真)がありました。当然現地では話題です。ターミナル移動で乗ったタクシーのドライバーに「お前は(北)朝鮮から来たのか」と聞かれ、いや日本人だというと、それならよかった。心配した。とHOTな話題で盛り上がり。
 やっとブタジエン価格が下がり出しましたが、天然ゴムも含め価格がそれほど下がらない。
やはり中国がタイヤ材料のミニバブルになりつつあり、中国勢の買い方がここにきておかしい。かなり量を買いだしてきている。特にカーボンブラックが中国で不足に。いまや中国製カーボンブラックが一番高くなった。日本のタイヤ会社も、カーボン、天然ゴム、SBR,BRですでに価格より量の確保が大事になってきている。
 なにか昨年末から市況バランス、需給バランスが変わった。潮目が変わった感じがする。
DSC02552E.jpgDSC02632E.jpgDSC02568e.jpgDSC02557e.jpgDSC02627e.jpgDSC02597E.jpg20170310_175445e.jpg20170310_173032e.jpg

フィリピン出張 [海外]

先週は実質1日間だけフィリピンCEBUの日系取引先2社に出張。CEBU行きのフィリピン航空機はほぼ満席でしたが乗客で仕事で出張の人が4人だけ。フィリピンは自動車生産が年10万台ですが、販売は2016年は30万台で昨年は40%も伸びたとのこと。日系ゴム会社も横浜ゴムをはじめ、昭和ゴム化学工業所、大塚ポリテック、イワカミ、中西金属工業、宮坂ゴム、その他全部で10社強です。材料輸入、加工して、ほとんどを輸出という貿易加工の工場が多いようです。ワーカーの賃金が月3万円ぐらいで、タイ、中国より安い。勤勉で、英語が通じるをいう好条件です。
CEBU IWASAKI社、NKC社は空港滑走路の横の保税地域工業団地にあり、この工業団地には日系が70社もあります。今回フィリピンでの生産の良さを再認識しました。最近は進出予定の視察がまた増えてきたとのこと。
ホテルロビーで人と待ち合わせしていたら、急にセキュリティーが厳しくなり、どうしたのかなと思っていたところ、パトカー数台の後、黒塗りのSUVが2台、そこから現れ、私の2M先を歩いていった人は日本のテレビで見たような。そうだフィリピンのドゥテルテ大統領本人だ。あの麻薬関係者をどんどん殺してる大統領です。意外にボディーガードが少ないのが印象的でした。日系関係者によると、報道ほど、フィリピン現地では危険なことは感じていないとのこと。
今回はフィリピン往復2.5日間でした。今週はインドネシアに行き、日系タイヤ会社、工業用ゴム部品日系会社、あと現地系ゴム練り会社に行ってきます。
DSC02501E.jpgDSC02545E.jpgDSC02549E.jpg

天然ゴムが下がり始める [材料相場、需給]

天然ゴムがやっと下がり始めた。やはり今の価格を反映するほど需要が増えているわけではないということか。但し落葉期であり、中国国内の天然ゴム需要がある程度回復しているので(特にORの大型タイヤはすぐ売れ出している。ミニバブル状態)、$2/kg以下には下がりにくいはず。
ブタジエンもピーク価格をすぎてやや下がり始めている。
先週は広島、神戸と2回国内出張。世界一周出張から戻ったばかりであるが、なかなか本社の席にいられない。今週は名古屋で日本ゴム協会東海支部紹介講演会展示会で、講演をするし、そのあとすぐにフィリピンに出張するが、金曜日に戻る。その翌週はインドネシア出張。
本日26日は日曜日だが会社で仕事。会社のすぐ100M先を東京マラソンをランナーが走っている。日本橋兜町なので、道のそれぞれの車線が10kmと27km付近となる。下の写真のとおり。
TokyoMarathon2017.jpgKobe2017.jpg

フランスMLPC社、タイヤ技術EXPO2017(ハノーバー)、米国AKRONへ [海外]

先週のドバイに続き、そのまま夜行便でドイツ、フランクフルト経由パリ経由フランスボルドーに。ゴム促進剤メーカーのMLPC社の社長と面談、日本の某タイヤメーカーの方を工場見学。写真のとおり完全防備の服装、安全靴、さらに耐塩素ガスのマスクを装備して、DPGの製造現場へ。さすがヨーロッパ、安全基準は日本以上です。フライトの途中からドイツの丘で風力発電装置が沢山見える。
そのあと2017年2月14-16日にドイツハノーバーで開催されているTIRE TECHNOLOGY EXPO 2017に参加。タイヤ材料、タイヤ関係機械、試験機の300社近くが出展し、延べ1.5万人ぐらいが参加していました。タイヤ技術会議では旭化成、住友ゴム、横浜ゴム、が技術講演をしてました。出展社では、旭化成、日本ゼオン、神戸製鋼所、IHI,三菱重工業、リックス、中田エンジニアリング、帝人、その他計10社が出展され、また日本ゴム協会(学会)の会長をはじめ、よく協会の委員会でいっしょになるメンバーの皆さんのこのEXPOの中で会いました。ここではおもしろそうなタイヤ用のナノカーボンブラックの情報を入手、世界でこの会社だけが大規模な生産を開始したとか。タイヤにつかうと、耐摩耗、強度UP、その技術的な理由が面白い。2日目は昼まで会場にいましたが、そこからタクシーでハノーバー空港に、そしてフランクフルトで乗り継ぎ、さらにその日中に米国ワシントンで乗り継ぎ、深夜の米国オハイオ州クリーブランドに到着。翌日レンタカーを借りてAKRONへ向かうが、雪が降りだし、気温は-5℃、米国なので、雪の中でもノーマルタイヤ(オールシーズンタイヤ)で120KM/時で飛ばす。自分がもと駐在員なので雪道には慣れているが、時差もあり一人でレンタカーを運転するのは緊張する。間違ってウンドワッシャを作動させて、途端に目の前のガラスに、薄い氷が張り、前が見えない、120㎞の走行でしまった。これはやってはいけなかった。忘れてた。
AKRONで全米第二のゴム練り会社PreferrredCompounding社の社長を3時間打ち合わせ。いろいろ宿題があり。トランプ大統領はどういうことをやるかは、このビジネスマンでも予想不可能に。同社長を昨年11月にあった時には、さすがトランプを言えども、強硬策はしないだろうと話していたが、今回あったら、トランプは予想不可能とギブアップ気味。あとは20年前にお世話になった現地にする方を訪問して、最後の日は朝6時にホテルから車を運転して、クリーブランド空港へ、シカゴ経由、成田へ。ということで、11泊12日で世界一周の出張でした。さすがにインドで体調を崩し、それがずっと結構大変だった。
最後は今回乗ったフライト機の写真を載せます。沢山乗ったものだ。これでいままでの生涯搭乗回数はそろそろ2000回へ。
20170213_133332e.jpg20170214_101809e.jpgDSC02466e.jpgDSC02481e.jpgDSC02463e.jpgDSC02477e.jpgDSC02479e.jpgDSC02494e.jpg
20170207_173109e.jpgDSC02224e.jpgDSC02374e.jpgDSC02383e.jpg20170212_054832e.jpg20170212_102319e.jpg20170212_150859e.jpg20170213_194700e.jpg20170214_071548e.jpg20170214_093346e.jpgDSC02483.jpgDSC02486.jpg20170215_215100.jpg20170217_081226e.jpg20170218_153859e.jpg

インドジャパンポリマーズ新工場落成式,そしてドバイへ [ご紹介]

当社加藤事務所が50%出資するインドでの合弁会社、インドジャパンポリマーズはインドグジャラート州Vododara市にて樹脂用薬品マスターバッチPolymerAdditivesMasterbatchの新工場の落成式を2017年2月9日に行うことができました。この工場は約3億円かけて建設し最終的には年4800トン生産能力の工場となります。
以下の写真のとおり、ヒンズー教の様式に従い、関係者100名をお招きして落成式を行い、その後テープカット、工場案内、スピーチ、会食となりました。日本からは国際協力銀行の関係者、現地進出日系企業、その他日系取引先の関係者も来ていただきました。ありがとうございます。
今後機械の据え付け、調整を行い、3月より生産を開始します。インド市場向けでの販売と輸出を計画をしております。
加藤もインド風ターバンを巻いて、ヒンズー教の儀式、テープカット、スピーチ、その他儀式の踊りに参加。日本の品質管理手法で樹脂マスターバッチのインド市場に参入します。
よろしくお願いいたします。
インドジャパンポリマーズはゴム練りと樹脂薬品マスターバッチの生産販売をしており、インド国内に営業所3カ所を展開しております。 詳しくは www.indo-japan.in まで。
その後ムンバイからドバイへ(このフライトは当然日本人は私一人だけ)、
ブチル再生ゴムの原料であるタイヤチューブスクラップ品の買い付け、品質確認作業をして、その後ドバイに街でうろうろ。写真のとおり。今晩はドバイからドイツに夜行便(これも日本人乗っていないだろう)。
ブタジエン価格はまだ下がらず。
DSC02265e.jpg
DSC_3168Buildingfront.jpgDSC_3168Building.jpgDSC02227e.jpgDSC02246e.jpgDSC02329e.jpgDSC02304e.jpgDSC02361e.jpg
DSC02406e.jpgDSC02424e.jpgDSC02426e.jpgDSC02448e.jpg