So-net無料ブログ作成
材料相場、需給 ブログトップ
前の10件 | -

米国InternationalElastomerConferenceEXPO参加、ゴム原料市況 [材料相場、需給]

10月9-12日に米国Clevelandで開催されていた米国化学会ゴム部門主催のInternational Elastomer Conference 2017 のTardeShow(RubberEXPO)に参加してきました。下の写真のとおり260社、約5000名が参加し、多くのゴム原材料、機械メーカーが出展し、日本からも日本ゼオン、三井化学、住友化学、クラレ、信越化学、デンカ、東ソー、昭和電工、ユニマテック、三菱ガス化学、三菱商事、アルファーミラージュ、三友工業、島津製作所、神戸製鋼所が出展していました。当社は米国ゴム練り会社PREFERRED COMPOUNDING社の営業支援で参加しました。ブラジルのゴム練り会社2社、インドカーボンブラック社、中国ベネゼエラシリカメーカーGLASSVEN社、台湾ゴム機械メーカーJIGNDAY社、その他と現地で打ち合わせ、会食と時間を目いっぱい使いました。この様なEXPOがあると世界中からゴム原材料関係者、幹部が来ますので、この場を使って商談、打ち合わせができます。また技術ミーティングでも世界の多くの関係者が参加され、加藤も日本ゴム協会の協会長の東工大 高田先生とレセポションで懇談させていただきました。日本ゴム協会の幹事の方とも会場で皆さんと会いました。
この6週間で、3回の米国行きですので、少々疲れました。
 10月14日日経新聞朝刊マーケット商品欄に タイヤ原料、下落基調との記事があり、その事実はそのとおりなのですが、その中の「中国の自動車販売台数の伸びの鈍化で合成ゴムの主原料ブタジエンの価格が下落基調にある」との某社のコメントがありましたが違和感を感じます。そもそもブタジエンが今年初めに上昇しそれが、タイヤ値上げに1つの要因になりましたが、それは中国の自動車販売台数の増加が原因ではありませんでした。ファンドの金が天然ゴムマーケットに入り、天然ゴムが暴騰し、またそれに連動し、また中国の税制、環境問題に応じて、ブタジエンが一時的に不足して価格があがったわけです。それがなくなり、ブタジエンは4月には下がりました。また9月にブタジエンが再度あがったのも自動車販売台数の関係ではなく、10月の連休前に在庫積み増しを考えた結果で、当然10月に入り、この分の価格は下がっています。
確かに天然ゴム、ブタジエンの年初めの値上りは、ほぼその分は下落しましたが、一方カーボンブラックの不足、値上がりがいよいよ厳しくなり、タイヤメーカーを苦しめています。
日経の記者の方も、もう少し踏み込んだ記事を書いていただくともっとよいのですが。
DSC04253ee.jpgDSC04256ee.jpg
コメント(0) 

西へ東へ [材料相場、需給]

今週は先週の熊本に引き続き、東京、神戸、東京、山口、東京と毎日朝早くから西へ東へと移動が続きました。中国からの輸入品が値上がりになるなか、何かよい代替品はないかとの問い合わせも多く。
日本ポリプロの鹿島工場製PP(3系列の内、年30万トンの一番大きいライン)が故障で急に半年止まるなか、その影響はどこにでるか、代替品はとの問い合わせも多くなってきました。
ブタジエンはまだ下がっています。というより当然、下がっています。中国のユーザーがブタジエン在庫を連休前に買いだめしていたので、もう買う余力がありまえん。カーボンブラックが国際相場が上がり始めています。これも中国の環境規制が原因です。
写真は羽田空港から山口宇部空港に行く時の搭乗ですが、いつもとちょっと違います。飛行機は通常、機内から見て左側のドアから搭乗します。これは客船の着岸と同じだからです。このフライトの場合は右側、通常食料を載せるドアから入ります。大変めずらしい。 スターフライヤー便が早朝、北九州から羽田第一ターミナルに到着した機体を、それから第二ターミナルのANAとコードシェアー便で折り返し山口宇部空港に向かうフライトとして使うからで、さすがに第一ターミナルのボーディングブリッジは使えず、バスから乗るということになったからでしょう。
来週9日から米国クリーブランドで開催されているInternational Elastomer Conferece(旧RUBBER EXPO)に参加してきます。この6週間で米国に3回も行くとは、疲れる。
20171005_070919e.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

ブタジエン価格ピーク過ぎて [材料相場、需給]

ブタジエン価格があがってきたが9月下旬からピークをすぎて今後下がることも期待できる。そもそもどうして上がったかもあまりわかっていない。確かの中国のタイヤ生産は7-8月とまあまあの稼働であるが、天然ゴム、ブタジエンを価格上昇させるだけの動きはない。中国の10月国慶節前に在庫を積み上げておこう。政府の環境規制がさらに強化させる前にタイヤを増産させておこうという心理、心理戦だけで上がった雰囲気もあり。商品価格をゲーム化して、利益に走る中国人の心理がそうさせたのか?だから天然ゴム価格が一回上がりそして下がった。
それよりゴム薬品、カーボンブラックの中国からの供給がこの夏以降さらに供給不安定、かつ価格上昇がひどい。価格がいきなり30%UPもあちこちで出ている。政府による環境規制強化の結果であるが、これは短期的ではなく今後も続くであろう。
今週は熊本での日本ゴム輸入協会の会合に参加。鳥栖、久留米の取引先を訪問した後、写真のとおり熊本駅から豊肥本線に乗り換え肥後大津駅にそこからバスで移動。肥後大津駅から先の阿蘇方面は熊本地震の影響でまだ豊肥本線が不通のままで、レールがさび付いていた。まだまだ地震の復旧が進んでいない。
DSC04238e.jpg
DSC04244e.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

ブタジエン価格動向 [材料相場、需給]

先週は某大手自動車メーカーのタイヤ、ゴム製品購買部門と今後天然ゴム、合成ゴムの動向について協議していました。タイヤ、ゴム製品の原料コストの動きについてです。3ヵ月毎に定期的に協議の場をもっています。それに技術部門ともゴム材料について打ち合わせ。
 この数週間のブタジエンの価格の上昇が気になっています。すでに$1200/MTを超えましたが、その理由がはっきりしていません。供給サイドのSPOT玉が不足しているといいますが。中国のタイヤが生産量を回復したのか? 中国の内部事情を調査しています。
その割には天然ゴムの価格が動かない。天然ゴムはやはり原油価格だけみていて、ブタジエンの価格には影響を受けないということか?すると、原油-天然ゴム-ブタジエンの順で相場が動くということか? 今後の動きが気になります。
韓国でLOTTE CHEMICALがEPDM新工場を年7.5万トンで建設中で今年中に完成の予定ですが、あまり聞こえてきません。これも気になる。
nice!(0)  コメント(0) 

4-6月国産ナフサは¥39300/KL? [材料相場、需給]

先々週の日本ゴム工業会資材関係講演会では当社の講演で4-6月の国産ナフサは¥39300から39400/KLぐらいでしょうと解説しました。7月末になるとこの数字は公表されますので、さて当たっているかどうか?
さらにその先7-9月はさらに下がる予想です。
先週は前半は介護休暇で大分に、後半は取引先のある鳥取県米子(境港市)へ出張。写真のとおり、ゲゲゲの鬼太郎の町です。今週は今日から台湾行き、時間が有効に使えるので、いつものバニラ航空(LCC航空会社)で晩に成田から台湾高雄へ。この航空会社は日本の航空会社ですが、今日の便はほぼ満席でしたが、ビジネス客は私一人、さらに日本人乗客はたぶん私一人だけ、あとは全員台湾人観光客、という便でした。機内アナウンスは日本語と英語ですが、私のために日本語のアナウンスがあるということか。¥750で機内で買った機内食のかつ丼が意外とおいしいかった。
台湾に1日仕事で、明日の晩、台北からベトナムに、この日本のバニラ航空で移動します。たぶんこれも台湾人だらけでしょう。こんな便に台湾から乗る日本人なんていないでしょう。ベトナムでは当社合弁子会社VRGJAPANの株主総会で、その後合弁相手のVRGの社長と会談です。いろいろ打合せでの懸案があり、社長を説得するためのベトナム語での資料も準備中。
その後夜行便でトンボ帰り。東京に2日間いて、また台湾出張1日があり、これもトンボ帰りで、日本ゴム協会で夏期講座で「世界のゴム事情」の講演を25日にします。この講演資料はいつ作るか??
台湾は日本以上に暑い。今回は機械の試運転と仕様打ち合わせです。試運転は機械で加熱するので本当に暑い。
20170714_123224.jpg

20170712_114827.jpg

日本ゴム工業会で講演 WWF-ミシュランの天然ゴムプロジェクト [材料相場、需給]

7月4日は日本ゴム工業会で資材関係の講演を2時間やってきました。今回で19回目、約10年間この講演をやってきたことになります。その一部は下のとおり。今回のテーマも「ゴム原材料・粗原料の需給動向と 今後の見通し及び、世界のゴム産業」、天然ゴムの先行き、ブタジエンの今後の価格予想、またEPDM,NBR,SBR等の8月と11月の価格変動予想を説明しました。4-6月国産ナフサ価格は¥39300/KLと予想、4-6月アジアブタジエン平均価格は¥127/kgぐらいか、7-9月はさらにナフサ、ブタジエンとも円価格はさらに下がると予想。この1年間のカーボンブラックの生産コストの推移も解説。その他いろいろですが、内容は日本ゴム工業会会員だけに公開でした。約40名の日本中の大手ゴム会社の購買部長、役員様にきていただきありがとうございました。 また世界各国のゴム産業がどんな状況であるかもご説明しました。毎月世界各国のゴム関係者に会っているので生の情報です。
 週後半にはNGO団体のWWFとタイヤのミシュランが共同で進めている天然ゴムサステナビリティプロジェクトの会合に参加。天然ゴム農園による、森林破壊、不法な土地取引、不当な労働 こららを防ぎ、そして安定収入の確保等5時間のプレゼンとレセプションでした。ミシュランはスマホを使って大勢の天然ゴム農民からのアンケート調査をするという方法が新鮮だった。レセプションで、WWF幹部とミシュランの本社購買本部長と意見交換。ミシュラン購買本部長との二人だけの話が面白かった。ある意味こちらが励まされた。
nihongomukogyoukaikoen7-4-2017-1.jpgnihongomukogyoukaikoen7-4-2017-5.jpg
nihongomukogyoukaikoen7-4-2017-2.jpgnihongomukogyoukaikoen7-4-2017-3.jpgnihongomukogyoukaikoen7-4-2017-4.jpg

ブタジエンが$1000/MTを割った [材料相場、需給]

ブタジエンの北アジア相場が 6月上旬に$1000/MTを割りました。2月に$2500/MT近くまで高騰しましたが下げも早く、いったん5月初めに$1300/MTぐらいでとどまりましたが、その後天然ゴムの価格下落に合わせて、ずるする下がっています。関係者によるとさすがにこのレベルがそこであろうと言われていますが問題は中国で合成ゴムが4月以降売れていない。よって原料のブタジエンを新たに買おうをいうユーザーがなかなか出てこない。ということです。天然ゴムが5月になり落葉期が終わり、原料ラテックスが市場にどんどん出てくることは予想通りで別に驚くことではありませんが、中国での合成ゴムの生産抑制が気になります。
 タイヤが売れないのか? 確かに4月以降中国の景気が踊り場だというニュースは結構あります。加藤の見立てでは、それもありますが、本当の原因は中国でのカーボンブラック不足で、タイヤメーカーが作りたくても、このカーボンブラック不足でタイヤ生産量を落とさざるを得ないという可能性です。これは今後夏までこの状態が続きそうです。
 天然ゴムはRSS3と TSR20の値差が通常期のレベルまで下がってきたので、もう市場として正常な状態になったと思います。やっと昨年11月からの高騰が終わりました。
合成ゴムとブタジエンの市況価格には注目していきたいと存じます。
下に写真はJSRのブタジエンタンク JSRのサイト http://www.jsr.co.jp/csr/2014/img/special/sp5_14.jpg より。
ButhdieneTankJSR.jpg

日本ゴム精練工業会で講演、台湾出張、天然ゴム [材料相場、需給]

先週は日本ゴム精練工業会総会で原材料の動向、市況、今後の予想と 世界のゴム練り会社の動向について講演をしました。そのいくつかは下のとおり。
また台湾に1日間だけ出張してトンボ帰り。滞在時間20時間ぐらいでしたが、家を出てから先方の会社までやはり10時間ぐらいかかる。ほぼ3週間、毎週1回台湾に通った。今回は往復とも格安航空会社の安い飛行機で。片道1.4万円だから新幹線で大阪に行くよりも安い。下の写真は台湾新幹線の座席で、今回は新型の車両だった。座席のテーブルにペットボルトを立てることができるところが日本の新幹線とちがうか。台湾のセブンイレブンでウーロン茶とおにぎりをかって車内で昼食をとった。
天然ゴム相場価格は、US$ベースでは下げ止まり感がでてきた。やはり、中国の景気回復とインドの好調がその要因か。昨年レベルまでは下がらないであろう。
今週は東京の墨東ゴム工業会で原材料関係の講演をします。
現在当社では中途入社の方(若い方)を募集中でマイナビに採用案内を出しています。すでに50名以上の応募があり、現在一次面接を進めています。こちらの採用関係も忙しいのです。

Nihongomuseirenkougyoukai4-13-2017A.jpgNihongomuseirenkougyoukai4-13-2017B.jpg20170417E.jpg

ブタジエン下がる 台湾出張 [材料相場、需給]

ブタジエンが下がってきている。需給を考えればそのとおりですが、$2000/MTを切りつつあり。あとはどこまで下がるかです。また天然ゴムもRSS3で$2.5/KGを切ってきている。これも$2.0/kgを目指すであろう。落葉期の終わりが意識されてきている。しかしブタジエン、天然ゴムとも昨年10月の相場レベルまで下がるとは考えにくい。中国でのタイヤ生産が相当急増してきているので、需給がしまってきている。またカーボンブラックの値上げがここにきてすごい。国内も2月の値上げに続いて、また値上げになるであろう。
 先週は日本の祭日に台湾に1日だけ出張、機械メーカーで打ち合わせ。台北桃園空港と台北市内、また台湾新幹線桃園駅を結ぶ、MRTメトロが3月2日に開通したので、空港往復でさっそく乗ってきた。空港から台湾新幹線駅まで15分、いままでは空港バスかタクシーだったので、これは便利。
 会社の周りも桜が咲いてきました。会社から東京駅まで桜並木がずっと続いています。
写真のとおり。今週はまた台湾に完成した機械の試運転立会、仕様打ち合わせでまた出張です。
20170402_133810E.jpgDSC02761E.jpgDSC02763E.jpg

ブタジエンが$2000/MTを割る [材料相場、需給]

ブタジエン価格が毎週下がりつつあります。天然ゴム価格高騰と違い、ブタジエン価格の高騰は価格が上がりすぎという感もありましたが、当然さがりつつあります。注目はどこまで下がるかです。今週は$2000/MTを下回りつつありますが、$1500/MTあたりで止まるかです。中国のタイヤの生産が増えてきています。その結果、昨年のように$1000/MTを割ることはないのでは?天然ゴムの価格がここにきてあまり下がらないもの同じ理由です。意外と中国のタイヤ生産が回復しているのです。またアジアのブタジエン工場で、C2,C3を多く取れるようにするため、最近はブタジエンの生成を減らし、エチレンプロピレンがより多く生成するような技術が広まり、結果長期的にアジアのブタジエン生産量が減るという情報もあります。
 今週は神奈川県のゴルフ場に行ってきました。写真のとおりですが、日本のゴルフ場でないみたい?途中でカートでホットドッグ、サンドイッチ、ビール、コーラが移動販売にきます。このゴルフ場には宅急便でゴルフクラブが送れません?。入場にパスポートが必須です。ゴルフ練習場のボール貸出機はドル札しか使えません?もちろんキャディーなしの電動カート。 ここは米軍厚木基地のゴルフ場です。まるで本当に米国のゴルフ場を回っているようです。売店の支払いは$払いで。
明日3月26日から台湾出張です。
2017-3-25NAFAtsugiGolfClub.jpg
前の10件 | - 材料相場、需給 ブログトップ