So-net無料ブログ作成
検索選択
材料相場、需給 ブログトップ
前の10件 | -

日本ゴム精練工業会で講演、台湾出張、天然ゴム [材料相場、需給]

先週は日本ゴム精練工業会総会で原材料の動向、市況、今後の予想と 世界のゴム練り会社の動向について講演をしました。そのいくつかは下のとおり。
また台湾に1日間だけ出張してトンボ帰り。滞在時間20時間ぐらいでしたが、家を出てから先方の会社までやはり10時間ぐらいかかる。ほぼ3週間、毎週1回台湾に通った。今回は往復とも格安航空会社の安い飛行機で。片道1.4万円だから新幹線で大阪に行くよりも安い。下の写真は台湾新幹線の座席で、今回は新型の車両だった。座席のテーブルにペットボルトを立てることができるところが日本の新幹線とちがうか。台湾のセブンイレブンでウーロン茶とおにぎりをかって車内で昼食をとった。
天然ゴム相場価格は、US$ベースでは下げ止まり感がでてきた。やはり、中国の景気回復とインドの好調がその要因か。昨年レベルまでは下がらないであろう。
今週は東京の墨東ゴム工業会で原材料関係の講演をします。
現在当社では中途入社の方(若い方)を募集中でマイナビに採用案内を出しています。すでに50名以上の応募があり、現在一次面接を進めています。こちらの採用関係も忙しいのです。

Nihongomuseirenkougyoukai4-13-2017A.jpgNihongomuseirenkougyoukai4-13-2017B.jpg20170417E.jpg

ブタジエン下がる 台湾出張 [材料相場、需給]

ブタジエンが下がってきている。需給を考えればそのとおりですが、$2000/MTを切りつつあり。あとはどこまで下がるかです。また天然ゴムもRSS3で$2.5/KGを切ってきている。これも$2.0/kgを目指すであろう。落葉期の終わりが意識されてきている。しかしブタジエン、天然ゴムとも昨年10月の相場レベルまで下がるとは考えにくい。中国でのタイヤ生産が相当急増してきているので、需給がしまってきている。またカーボンブラックの値上げがここにきてすごい。国内も2月の値上げに続いて、また値上げになるであろう。
 先週は日本の祭日に台湾に1日だけ出張、機械メーカーで打ち合わせ。台北桃園空港と台北市内、また台湾新幹線桃園駅を結ぶ、MRTメトロが3月2日に開通したので、空港往復でさっそく乗ってきた。空港から台湾新幹線駅まで15分、いままでは空港バスかタクシーだったので、これは便利。
 会社の周りも桜が咲いてきました。会社から東京駅まで桜並木がずっと続いています。
写真のとおり。今週はまた台湾に完成した機械の試運転立会、仕様打ち合わせでまた出張です。
20170402_133810E.jpgDSC02761E.jpgDSC02763E.jpg

ブタジエンが$2000/MTを割る [材料相場、需給]

ブタジエン価格が毎週下がりつつあります。天然ゴム価格高騰と違い、ブタジエン価格の高騰は価格が上がりすぎという感もありましたが、当然さがりつつあります。注目はどこまで下がるかです。今週は$2000/MTを下回りつつありますが、$1500/MTあたりで止まるかです。中国のタイヤの生産が増えてきています。その結果、昨年のように$1000/MTを割ることはないのでは?天然ゴムの価格がここにきてあまり下がらないもの同じ理由です。意外と中国のタイヤ生産が回復しているのです。またアジアのブタジエン工場で、C2,C3を多く取れるようにするため、最近はブタジエンの生成を減らし、エチレンプロピレンがより多く生成するような技術が広まり、結果長期的にアジアのブタジエン生産量が減るという情報もあります。
 今週は神奈川県のゴルフ場に行ってきました。写真のとおりですが、日本のゴルフ場でないみたい?途中でカートでホットドッグ、サンドイッチ、ビール、コーラが移動販売にきます。このゴルフ場には宅急便でゴルフクラブが送れません?。入場にパスポートが必須です。ゴルフ練習場のボール貸出機はドル札しか使えません?もちろんキャディーなしの電動カート。 ここは米軍厚木基地のゴルフ場です。まるで本当に米国のゴルフ場を回っているようです。売店の支払いは$払いで。
明日3月26日から台湾出張です。
2017-3-25NAFAtsugiGolfClub.jpg

天然ゴムが下がり始める [材料相場、需給]

天然ゴムがやっと下がり始めた。やはり今の価格を反映するほど需要が増えているわけではないということか。但し落葉期であり、中国国内の天然ゴム需要がある程度回復しているので(特にORの大型タイヤはすぐ売れ出している。ミニバブル状態)、$2/kg以下には下がりにくいはず。
ブタジエンもピーク価格をすぎてやや下がり始めている。
先週は広島、神戸と2回国内出張。世界一周出張から戻ったばかりであるが、なかなか本社の席にいられない。今週は名古屋で日本ゴム協会東海支部紹介講演会展示会で、講演をするし、そのあとすぐにフィリピンに出張するが、金曜日に戻る。その翌週はインドネシア出張。
本日26日は日曜日だが会社で仕事。会社のすぐ100M先を東京マラソンをランナーが走っている。日本橋兜町なので、道のそれぞれの車線が10kmと27km付近となる。下の写真のとおり。
TokyoMarathon2017.jpgKobe2017.jpg

ブタジエン価格、 インド新工場 [材料相場、需給]

ブタジエンが高騰しています。1月20日現在US$2850/MTという指標がでているが、さすがにこのあたりで止まっています。確かにアジア各地でちょこちょこブタジエン工場の不具合がでているが、中国が本当にこの価格で買っているのか? たぶん薄商いで価格だけがあるのでは?確かに中国のタイヤ会社が生産を回復してきているのは事実だが、ちょっと天然ゴム(これは完全にマネーゲーム化しており、証券会社がまだ天然ゴムを買っている)といい、ブタジエンといい需給を無視しているのではと思います。国内合成ゴムも2月からの新価格がでたが、加藤の昨年11月の予想より、かなり値上げ幅が大きくなった。昨今のブタジエン価格を反映したものでしょう。カーボンブラックも値上げ約¥15/kgが発表になった。加藤が11月の日本ゴム工業会資材講演会で、講演したときにカーボンブラックが2月-3月に必ず値上げになりますと話しましたがその通りに、こちらもそのときに皆さんに説明した値上げ幅より大きくなった。原油、円安を考えれば当然でしょう。
先週はインド、タイにいました。写真とおり当社のインド合弁会社INDO-JAPAN POLYMERS社の樹脂添加剤マスターバッチ工場です。2月に完成ですが、急ピッチに建築工事、機械据付が始まっています。タイでは日系ユーザーを訪問、さらに日本に輸入しているタイヤチューブスクラップ(写真、ブチル再生ゴムの原料)の検品と商談です。2日続きの夜行便での移動はさすがに疲れました。
 2月には またインド、中東、ヨーロッパ、米国と世界一周出張をしてきます。こちらも夜行便3回か。
DSC02106E.jpgDSC02167E.jpgDSC02129E.jpgDSC02218E.jpg


2017年は原材料値上がりの年 [材料相場、需給]

2017年本年もよろしくお願いします。
昨年12月に日本ゴム工業会での開催された当社加藤の資材関係講演でもお話しましたが、今年前半は天然ゴム、合成ゴム、カーボンブラックがすべて値上がりになります。天然ゴムは昨年11月からマネーゲームの金が天然ゴム市場に流れ込み、値段が50%以上あがりましたが、ラテックスグレード(RSS3)を中心に、春までの受け渡し分に売りつくしており、全体の需給バランスは決して不足していませんが、春まで供給が増えません。よってなかなか下がらない。天然ゴム農園、農民、小企業がこの価格レベルを保持したいので、供給を増やしていません。合成ゴムはブタジエンが高騰しており、2月5月に相当値上がりになります(EPはそこそこの値上げにとどまりますが)。さらに円安が合成ゴムの値上げを拍車をかけます。¥30/kg以上の値上がりは覚悟か。ブタジエンの値上がりの理由が、天然ゴム価格高騰というから始末に悪い。 どうも中国のゴム関係者が、すべての価格が上がると予想して、ゴム原料を買い占めに動き出したか? それほど中国のゴム原料の需要が急回復していませんが。カーボンブラックも今年は再度の値上がりがあるでしょう。近々か。
 日本経済新聞朝刊で私の履歴書で日産自動車のゴーン会長の話が連載されています。今週の分で、ゴーン会長がタイヤのミシュランに勤務し、工場長をしていた時の話が出ています。26歳で国内タイヤ工場の工場長、30歳代で海外工場の社長ですから、これはすごい。日本のタイヤ会社では考えられない。ゴーン氏が抜群に優秀だったでしょうが。
またミシュランが天然ゴムの原料のラテックスを効率的に管理することを検討している話がでてきます。ミシュランはタイヤメーカーですが、天然ゴム工場も持っています。原料ラテックスの管理とは私にとっては大変興味深い。ミシュランはそこまでやっていたのか。ミシュランは業界ではミステリアスミシュランと言われています。なかなか実態が外に漏れてきていません。原料へのこだわりもすごいですが、さすがミシュラン。
ベトナムVRGグレープ工場(当社出資先VRGJAPANも関係していますが)ではミシュラン向けに天然ゴムを出荷している工場がありますが、ミシュランの指示によるその天然ゴムの作り方は、今まで見たこともないようなやり方をしています。これがラテックスの管理ということか?
今年もよろしくお願いします。
Nihongomukougyoukaikouen1.JPGNihongomukougyoukaikouen26.JPGNihongomukougyoukaikouen25.jpg



ミカン狩り、バレーボール、天然ゴム高騰 [材料相場、需給]

先週は、11月29日には天然ゴム高騰についての当社のコメントが日本経済新聞11月29日朝刊で紹介されました。需給バランスとは関係なく、投資の金が、天然ゴム市場に流れてきて価格が高騰しています。理由はいろいろありますが、ここまで価格を上げる理由にはなっていない気がします。天然ゴム生産国、農民、加工会社はほっとしている面もあります。大きな流れではいままでに安値が通常レベルに戻ったというか。但しこれ以上の高騰は理由がなく、マネーゲーム化しています。これもトランプ効果か?タイヤメーカーも生産者も需給バランスにもとづいた安定した価格を望んています。
12月1日は日本ゴム協会関西支部(大阪)総合紹介講演会で加藤が海外合成ゴムについて発表、ブースで展示。広島のミカサがバレーボールの生産方法、構造について特別講演をしていました。その一コマを写真で紹介します。バレーボールは内側のブチルゴムボールはゴムシート3枚を重ねてカットして、加硫してふくらまし、繊維を巻いて、最後にクラリーノの人工皮革を張り付けてできあがり。これはおもしろい。
12月10日は恒例の関東の大手ゴム会社の購買部主催のミカン狩りに参加、今回で47回目、岩崎社長様も自らお酒を参加者皆さんについでまわっていらっしゃました。当日はよく晴れ富士山がキレいに。主なゴム材料メーカー、材料商社も参加で300名とか。当社の営業部長もこの第1回目に参加しているそうです。
MeijirubberMikangari2016-1.jpgMeijirubberMikangari2016-2.jpgNikkei11-29-2016.jpgMikasaballNihonbomukyoukaiKaisai12-1-2016.jpgMikasaballNihonbomukyoukaiKaisai12-1-2016-2.jpg

天然ゴム価格、インド紙幣、台湾出張 [材料相場、需給]

先週23日はまた台湾にほぼ1日帰りの弾丸ツアー出張です。滞在時間18時間、2社を回り、東京羽田空港にもどったのが午前1時でした。日系海外工場向けのロールの試運転をしてきました。
24日にはインドからの取引先の幹部が来日です。そこに大雪。写真のとおり東京駅近くのホテルで打ち合わせですが、窓からは吹雪の東京駅が見えました。さすがにインド人はびっくり。インドでは首相が突然高額紙幣である500ルピー(800円)、1000ルピー(1600円)紙幣を流通使用禁止にしました。もっている人は12月末までに銀行に預けて、写真にあるような2000ルピー紙幣に交換しろというわけです。もちろん偽造紙幣対策でもありますが、本当は、収入を隠して、タンス預金していた人の金をあぶりだすということです。銀行にいったん預けなければなりませんが、その時に収入申告を突き合わせて、申告していなかった人には税金とペナルティーでその金の90%を没収します。なんともやり方がすごい。私も手元にこの紙幣をもっていますが、もう空港の両替窓口では変えられません。紙屑? 銀行窓口に行けば1年以内では新紙幣に変えれますが、そんな時間はない。
 天然ゴムが上海商品相場につれれて、価格が上がっています。決して需要が増えて、供給が減って価格があがっているようには見えません。マネーゲームの様相です。しかしこのレベルは需給バランスから考えると高すぎる?どこかでピークアウトするでしょう。もう天井か?もっとも天然ゴム加工会社、農民はこの価格レベルに上がり(というか通常の状態に戻り)ほっとしているのでは。これも天然ゴム産業のサステナビリティにために必要な処置か?
というわけで2016年11月22日日本経済新聞朝刊 マーケット面に加藤事務所加藤のコメントが載りました。以下のとおりです。
20161124_102342.jpg20161124_100143.jpgNikkei11-22-2016.jpg10inchmill1793.jpg



台湾ゴム試験機、天然ゴム価格、RUBBERTECHCHINA2016 [材料相場、需給]

先週まで台湾出張で、下のとおり、某社からの注文で、オゾン試験機を台湾メーカーで製作し、
その試運転にいってきました。この会社はムーニー試験機、レオメーターも生産しています。
その他某社向けの100トンプレス(試験室用)とテストロールを出荷前テストで立会してきました。
台湾の台南市はまだ気温28度あり、写真のとおり果物屋のフルーツかき氷が美味しかった。
 2016年12月1-3日で上海でアジアNo1のゴム展示会 RUBBER TECH CHINA2016が開催されます。
出展社が500社以上、海外からも120社もブースを出します。日系も日本ゼオンを始め9社が出展します。当社はこの展示会のPRをしています。加藤事務所にはこの展示会の無料招待券がありますので、お入用の方は是非ご連絡を。すぐに郵送しますので。下のとおりです。
 ここにきて天然ゴム価格が上がってきています。ブタジエンが10月末から価格上昇したのは、シンガポール等でまたブタジエン工場の故障がつづいたのですが、それは11月に解消し、ブタジエン価格は下がりつつあります。よって合成ゴム SBR,BR,NBRの価格上昇ははすでに峠を越えました。しかし天然ゴムは下がらない。まだ上がっている。どうしてか? まずはタイ、ベトナムでの長雨の影響。10月以降の長雨で、天然ゴムの生産が減ってきています。しかしそれよりもどうも投機筋の金がゴム市場に流れ込んでいるのでは?確かの中国のタイヤ需要はすこしづづよくなってきていますが、この価格高騰を説明できるほどではない。
ということはどうかでこの価格が下がるかも。世界中の需給バランスを考えると、これほど上がらない。
というかこの1年の底値が解消されただけ、この価格帯でバランスがとれて、これ以上は上がらないということか? 来週はIRSG国際ゴム研究機構のトップが当社に来社しますので、その辺を情報交換します。

ChinaRubberTech2016-2.jpgChinaRubberTech2016-3.jpgChinaRubberTech2016.jpgEKTRONTEKOZONETESTER.jpgEKTRONTEK MOONEY.jpgDSC01595.JPG




ブタジエン価格上昇 [材料相場、需給]

この3週間、合成ゴムの主原料のブタジエンがアジアでかなり上がってきています。直近ではUS$1650/MTぐらいになりました。2016年8月末では$1130/MTぐらいでしたので、US$520/MT=¥53/kgの値上がりです。このまま計算するとNBRで¥30/kg、SBR¥35/kg、BR¥40/kg以上の値上がりになります。原油も徐々にあがってきており、ナフサも$50/MT=¥6/kg程度あがってきていますが、ブタジエンに値上がりは突出しています。どうしてか?
シンガポールのSHELLのエチレン分解装置が故障し(ポンプの故障?)しフォースマジュールを宣言、さらにアジア各地のブタジエン工場の定修が重なり、不調な工場もあり、一時的にブタジエンが不足しています。(写真はシンガポールSHELL工場、 FLICKR.comより)
決して日本のブタジエンが不足したわけではありませんが、アジア価格が急騰しています。中国の新車販売が好調なもの影響があります。
今後はどうなるか? SHELLの故障が10月末に修理でなおるとの情報もあり、見通しが分かれていますが、経験でいうと結構ブタジエンの不足が長引くかもしれません。
となると、日本国内では2017年1月2月からの価格改定で、合成ゴムの値上がりは必至でしょう。どのぐらい上がるかは、今後にもよりますが、平均¥30/kgぐらいはあがるのではと予想します。カーボンブラックの値上げもありました。天然ゴム価格も上がってきています。こちらは今まで安すぎ採算割れが正常な状態に戻ったというべきでしょうか?
今後もブタジエン、天然ゴム価格に注目していきます。
Shell Singapore getasset.jpg

前の10件 | - 材料相場、需給 ブログトップ