So-net無料ブログ作成
2018年05月| 2018年06月 |- ブログトップ

バンコックでタイゴム協会とのパーティーに参加、日本ゴム協会関西支部例会で講演 [ご紹介]

6月13日にタイのバンコックでタイゴム協会(Rubber Division、Polymer Society of Thailand) と日本ゴム協会の、両協会連帯協力覚書締結を記念したパーティーが開かれました。加藤も日本ゴム協会高田会長に同行して1泊でバンコックに行き、パーティーに参加しました。下の写真の通り、バンコックの中心部にある名門クラブ RoyalBangkokSportClubのレストランで開催され、このクラブにはゴルフ場、馬場もあります。それもバンコックの中心部に。日本の方もブリヂストン、住友ゴム工業のタイの社長の方、サイアムフコク社長、その他多数のタイ駐在の日本のゴム関係者10名と、 タイのゴム関係者約30名が参加されました。タイゴム協会の会長はゴム練り会社PI Industory社長のDrバンジャさんです。バンジャさんとは久しぶりの再会で、話が盛り上がりました。PI社は今年ベトナムハノイにゴム練り工場をスタートさせます。パーティーの前に、加藤は取引先2社を打ち合わせして、今回バンコック滞在24時間でトンボ帰りでしたがチュラロンコン大学大学のスワブン教授や、BST ELASTOMERS社長、オータニタイヤ副社長、IRPC副社長、その他日系タイヤ会社の方々等知り合いになることができました。
帰国後15日は広島県福山市で日本ゴム協会関西支部、中国ゴム技術研究会共催の6月例会で、2時間ほど「世界各国のゴム事情とゴム関連の最新情報」を講演してきました。
1528904880091.jpgDSC05925E.jpgDSC05923e.jpgDSC05933E.jpg1528904892919.jpgDSC05952E.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

インド出張 気温44℃ [海外]

今週はインドに2日間出張し、そのあと大阪出張とあちこちに。
当社のインド合弁会社Indo-Japan Polymersは2018年3月期決算は売上約16億円、当期利益も23百万円と大幅な伸びに、ゴムコンパウンド販売も3月は350トンの出荷と、前年比約2倍に。インド経済の好調さを裏づけています。樹脂コンパウンドの新工場も稼働が月25トンまで上がり、年内には月70トン出荷を目指します。今回はこの新工場の日本から融資をしていただいている国際協力銀行(日本の政府系銀行)の幹部の方が工場視察に今回はそのアテンドと、工場で取締役会でした。加藤事務所はこの合弁会社に50%出資しています。次の一年間の事業計画を打ち合わせ。インドでの一日打ち合わせは疲れる。
 インドは今一番熱い季節です。下のスマホの画面のとおり、工場のあるヴァドーダラはこの日気温44度、さすがに暑い。生産現場も押し出し機があり、空調なしですから、暑い。下の写真のとおり、400種以上のカラーマスターバッチや添加剤マスターバッチを製造、黒マスターバッチも販売、TPE,TPUも試作が進んでいます。工場長とインド食の昼食、加藤も右手素手でカレーやナンを食べます。その後おなかを壊して結構つらかった。
工場がある、グジャラート州は禁酒の州です。お酒が売っていません。外人はホテルで3泊すればウイスキー0.5本まで買えますが、部屋の中で飲んでくださいということになります。下の写真はホテルのお酒売り場、鍵がかかっています。外人はパスポートとホテルの証明書を出して、やっとビールが買えます。たしか3泊してビール3本ぐらいまで、それ以上は無理。パスポートにこの3日分は消費したとしてハンコが押されます。
 今回はエアーインド航空で往復しましたが、その中でデリーからアーメダバードへのAI13便で不思議な経験をしました。加藤は成田からエアーインド便でデリーで乗り継ぎましたので、このAI13便は国際線扱いで、到着地アーメダバードでパスポートと提示して入国し、税関検査がありました。しかし同じAI13便には国内線の一般の乗客も乗っています。同じ飛行機に、国内の人と、まだ入国審査前の人が乗っていて、席もバラバラです。隣の人に荷物を渡したら密輸になります。到着空港で、降機してから通路が分かれ、右に行けば入国審査、左に行けばそのまま外に出れれる。たぶん搭乗券に区分が書いてあると思いますが、さすがインドらしい経験でした。
 ブタジエン価格が$1800/MTをピークにやっと下がりだしました。アジアの合成ゴムメーカーはこのブタジエン価格では赤字になってしまうので、生産調整しています。それで需要が減り、またまもなくアジア地区のブタジエン工場の定期修理が続々と終わるので、供給も増えだしますので。
来週は日本ゴム協会高田会長のお供で、タイに出張です。PI Industryのバンジャ社長、BST社長、タイBS社長その他タイのゴム業界要人に会ってきます。
20180605-173631E.png20180605_140718E.jpg
DSC05882E.jpgDSC05883E.jpgDSC05862E.jpgDSC05792E.jpgDSC05865E.jpgDSC05785E.jpgDSC05816E.jpgDSC05754E.jpgDSC05756E.jpg20180605_081757E.jpg20180605_081600E.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

日本ゴム協会年次総会(90周年記念大会)成功裏に終わる [ご紹介]

今週は2018年5月30日から3日間 埼玉県浦和で日本ゴム協会年次総会(90周年記念大会)が開かれました。参加登録者は410名を超え、過去最高の参加者数で、今年は毎年の参加者より100名以上多いそうです。加藤もこの年次大会の委員をしており、参加された方、関係者のお礼申し上げます。90周年記念大会で、日本化学会副会長、高分子学会会長からも祝辞をいただきました。
論文発表数も今年は多くまた若手ポスター発表も写真のとおり人でいっぱいです。
ドイツゴム研究所のDrGieseの発表も素晴らしく、また特別講演のブリヂストン松田常務、フコク河本次郎社長、日産自動車福井材料技術部長の講演も会場は満員の聴講者で、ゴム技術者として、内容の濃い講演でした。ありがとうございます。
発表後の懇親会では、講演者を含め、いろいろな方とお話できました。写真は加藤と㈱フコクの河本社長、日本ゴム精練工業会会長のTPRノブカワ㈱野田社長の懇親の様子です。
大会では当社もポスター発表をし、また加藤は15分間英語で「世界のゴム練りビジネス」について発表しました。
明日からインドの合弁会社工場に行ってトンボ返り、その翌週もまた海外出張になります。
20180530_150728E.jpg20180531_163128E.jpg20180531_193017E.jpg20180530_163420E.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

2018年05月|2018年06月 |- ブログトップ