So-net無料ブログ作成

日本ゴム協会夏期講座講演 +台湾出張 [ご紹介]

7月24日はまた台湾に出張し、日本に出荷するニーダーの出荷前テスト、天然ゴムの素練りテストをしました。ニーダーマリナリー社では、写真のとおりインドネシア大手の某ゴム会社向けにニーダー、ロールにテストをしており、またインターミキサー型ニーダーも製造中でした。24日の最終便で羽田空港に戻り、25日は日本ゴム協会夏期講座(今年は横浜で開催)で「世界のゴム事情」で1時間講演してきました。全50枚のスライドで、世界中の各国のゴム産業とその現状を紹介、ちょっとこの講義の準備には力が入っていました。そのごく一部は下のとおり。
その後27日はブリヂストン調達部主催のCSR講習会に参加、このように日本を代表する会社のCSRの対する考え方は素晴らしい。当社もいろいろな事項を守っているはずですが社内で再確認します。28日は山口宇部に日帰り出張、朝4時半起きで出発で、朝6時半の羽田空港の混雑にびっくり。そういえば夏休みが始まって家族旅行の方が多かった。夕方には東京に戻り、スロバキアのゴム機械メーカー幹部と日系ゴム会社ポーランド工場向けの件で打ち合わせ。あっという間の一週間でした。ブタジエンはまたちょっと下がり$1000/MTを割った。31日にはサウジアラビアSABIC関係の方が来るので日本の合成ゴム市場についてプレゼンを今作っています。
Gomukyoukaikakikouza2017-1.jpg
Gomukyoukaikakikouza2017-2.jpgGomukyoukaikakikouza2017-3.jpg
Gomukyoukaikakikouza2017-4.jpgDSC03667E.jpgDSC03635E.jpg

ベトナム天然ゴム [天然ゴム]

この数日は台湾1日、ベトナム1日の海外出張で、弾丸ツアーでした。当然ですが、
台北からベトナムホーチミンに向かうバニラ航空の夜便(この航空会社は日本の航空会社です)はほぼ満席でしたが乗客で日本人は2名だけでした。あとは台湾人、ベトナム人です。機内アナウンスは日本語と英語ですが、日本語は私のためのアナウンスかと。
台湾では下の機械の出荷前中間検査です。日本(日系)のユーザーに代わっていろいろと試験しました。最近は、出荷前試験の前に、中間試験機検査をさらに一回やるようになってきました。それだけ完璧な機械をユーザーに届けたいということです。
ベトナムでは7月20日にベトナム最大の天然ゴム会社 VRG(VietnamRubberGroup、年間天然ゴム生産量約35万トン、100%国営でまもなく民営化を進めるところ、従業員約10万人、加藤事務所はJTC社といっしょにVRGJAPANを合弁で運営しています。)を訪問し、Thuan社長、Khar副社長らと、2時間会談。こちらは日本側合弁のJTCと相談し、日本側から、天然ゴム会社VRGの運営の件で、あるプレゼンをし、VRG側を説得する事項があり、英語、ベトナム語でプレゼンしました。結果Thaun社長がベトナム首相と相談して、今後どうするか方針をきめるということになり、まずは1歩前進。同社はベトナムで有力な国営会社であり、大きな話となると、すぐに政府、ベトナム首相と協議してということになります。外交問題に絡み、政治問題化しています。一国の首相まで協議するというような大きな仕事ができることにちょっとワクワクします。ということで大事な1日でした。
そのあとThuan社長から前回ベトナム一行が来日時の、日本側の対応に対して、感謝の絵をいただきました。
23日夕方からまた台湾へ出張です。24日に帰国ですからこれも弾丸ツアーです。

20170720_144425e.jpgDSC03586e.jpgDSC03594e.jpgDSC03518e.jpgDSC03538e.jpg

4-6月国産ナフサは¥39300/KL? [材料相場、需給]

先々週の日本ゴム工業会資材関係講演会では当社の講演で4-6月の国産ナフサは¥39300から39400/KLぐらいでしょうと解説しました。7月末になるとこの数字は公表されますので、さて当たっているかどうか?
さらにその先7-9月はさらに下がる予想です。
先週は前半は介護休暇で大分に、後半は取引先のある鳥取県米子(境港市)へ出張。写真のとおり、ゲゲゲの鬼太郎の町です。今週は今日から台湾行き、時間が有効に使えるので、いつものバニラ航空(LCC航空会社)で晩に成田から台湾高雄へ。この航空会社は日本の航空会社ですが、今日の便はほぼ満席でしたが、ビジネス客は私一人、さらに日本人乗客はたぶん私一人だけ、あとは全員台湾人観光客、という便でした。機内アナウンスは日本語と英語ですが、私のために日本語のアナウンスがあるということか。¥750で機内で買った機内食のかつ丼が意外とおいしいかった。
台湾に1日仕事で、明日の晩、台北からベトナムに、この日本のバニラ航空で移動します。たぶんこれも台湾人だらけでしょう。こんな便に台湾から乗る日本人なんていないでしょう。ベトナムでは当社合弁子会社VRGJAPANの株主総会で、その後合弁相手のVRGの社長と会談です。いろいろ打合せでの懸案があり、社長を説得するためのベトナム語での資料も準備中。
その後夜行便でトンボ帰り。東京に2日間いて、また台湾出張1日があり、これもトンボ帰りで、日本ゴム協会で夏期講座で「世界のゴム事情」の講演を25日にします。この講演資料はいつ作るか??
台湾は日本以上に暑い。今回は機械の試運転と仕様打ち合わせです。試運転は機械で加熱するので本当に暑い。
20170714_123224.jpg

20170712_114827.jpg

日本ゴム工業会で講演 WWF-ミシュランの天然ゴムプロジェクト [材料相場、需給]

7月4日は日本ゴム工業会で資材関係の講演を2時間やってきました。今回で19回目、約10年間この講演をやってきたことになります。その一部は下のとおり。今回のテーマも「ゴム原材料・粗原料の需給動向と 今後の見通し及び、世界のゴム産業」、天然ゴムの先行き、ブタジエンの今後の価格予想、またEPDM,NBR,SBR等の8月と11月の価格変動予想を説明しました。4-6月国産ナフサ価格は¥39300/KLと予想、4-6月アジアブタジエン平均価格は¥127/kgぐらいか、7-9月はさらにナフサ、ブタジエンとも円価格はさらに下がると予想。この1年間のカーボンブラックの生産コストの推移も解説。その他いろいろですが、内容は日本ゴム工業会会員だけに公開でした。約40名の日本中の大手ゴム会社の購買部長、役員様にきていただきありがとうございました。 また世界各国のゴム産業がどんな状況であるかもご説明しました。毎月世界各国のゴム関係者に会っているので生の情報です。
 週後半にはNGO団体のWWFとタイヤのミシュランが共同で進めている天然ゴムサステナビリティプロジェクトの会合に参加。天然ゴム農園による、森林破壊、不法な土地取引、不当な労働 こららを防ぎ、そして安定収入の確保等5時間のプレゼンとレセプションでした。ミシュランはスマホを使って大勢の天然ゴム農民からのアンケート調査をするという方法が新鮮だった。レセプションで、WWF幹部とミシュランの本社購買本部長と意見交換。ミシュラン購買本部長との二人だけの話が面白かった。ある意味こちらが励まされた。
nihongomukogyoukaikoen7-4-2017-1.jpgnihongomukogyoukaikoen7-4-2017-5.jpg
nihongomukogyoukaikoen7-4-2017-2.jpgnihongomukogyoukaikoen7-4-2017-3.jpgnihongomukogyoukaikoen7-4-2017-4.jpg