So-net無料ブログ作成
検索選択

日本ゴム協会年次大会研究発表講演会で発表、世界のゴム機械、試験機 [機械]

5月18-19日と名古屋で開催された、日本ゴム協会(いわゆるゴム学会)の2017年年次大会の研究発表講演会で「世界のゴム機械、試験機」というテーマで加藤発表をしてきました。加藤は日本ゴム協会の代議員でもあり、定時社員総会にも出席しました。
発表テーマは、世界ではどんなゴム機械、試験機がメジャーな機械か?日本にいると日本製の機械しか知る機会がありませんが、日本のゴム機械は世界ではそのシェアー(数量ベース)はだいたい10-20%ぐらい。よってどの会社のゴム機械、試験機がいま旬な機械か そういった解説の発表です。 下の写真でその一部を公開しておきます。プレゼンスライドは30枚以上ありましたから、ごく一部ですが。また写真のとおりポスター発表もしてきました。 ゴム学会の先生方の講演、研究発表にくらべれば、私の発表はそれほど中身がありませんが、日本のゴム産業界、技術者にも、世界ではこんなゴム機械がよく使われているという情報を提供していきたいという気持ちがあります。
海外進出しているゴムタイヤ会社では、海外製の良い性能、コストパフォーマンスの機械、試験機をどんどん取り入れています。加藤事務所のそのような機械、試験機をこの日本のマーケットにもご紹介、販売しています。
Gomukyoukainenjitaikaihappyou5-18-2017.jpg
Sekainogomukikaishikennki1.jpgSekainogomukikaishikennki2.jpgSekainogomukikaishikennki3.jpgSekainogomukikaishikennki4.jpgGomukyoukainenjitaikaihappyou2 5-18-2017.jpg

ベトナムラバーグループ一行来日 [天然ゴム]

5月9日からベトナム最大の天然ゴム会社ベトナムラバーグループ VRGの社長以下各DongNai,PhoucHoa他大手工場の社長らが来日しました。当社とJTC社でアテンドして、13日まで大手タイヤ会社、在日ベトナム大使館、当社、JTC社と会談をしました。VRG社の社員は約10万人、その社長ですからこちらも気を使います。いわゆるフルアテンドです。昼食、夕食をともに、宿泊場所、会食の場所もいろいろ考えてです。面談いただいた取引先の方々、大使館幹部の方々ありがとうございました。
VRG社は国営企業で、天然ゴムの生産量は年間約30万トン、ベトナム天然ゴムの約1/3を占める会社です。社長は国会議員でもあります。会談に対しての事前ブリーフング、ベトナム大使館との調整。いろいろとやることがあります。当社本社事務所にも来られました。京都や東京の観光もあり、最終日はショッピングもいれて、無事帰国されました。社員10万人の会社のトップの方ですから、こちらもかなり気疲れしました。それにしても毎晩酒の量のすごかった。

 ブタジエンが下げ止まった後、また下がっています。しかしぐんぐん下がるという状態ではありません。さて天然ゴムはこの価格でステーか?
15日の週後半は名古屋で日本ゴム協会(学会)年次総会で加藤の発表があり、今プレゼン資料を作成中です。
VRGbanner_e.jpg

連休は機械の設置立ち合い [機械]

5月の連休は6日間取引先の工場に通いゴム加工機械を搬入、組み立て、設置、調整、試運転の立ち合いをしていました。機械の設置はたいだいゴム工場の長期休みの期間にやることが多いのです。
今回もそういうわけで、加藤は連休はなし。4月29日から土日もなく毎日取引先の工場に朝8時から夕方まで、立ち合いし、自分でも機械の調整をしてきました。無事機械は動き出し、ゴム製品生産がスタートです。そういえば今年の8月のお盆休みも機械の設置立ち合いが決まっています。
 ブタジエンの価格が予想通り下げ止まりし、やや上昇しかかっています。昨年秋のレベルまでは下がりませんでした。やはり中国のタイヤ生産が復活か?
 昨日土曜日にはブラジルの大手ゴム材料商社の社長が来日し、夕食をともにしました。
ブラジルの景気が本当に悪い。自動車生産がこの5年間下がる続け、5年前の30%以上減です。これではゴム産業も失速中で、あと一年はまだ低迷するであろう。この5年間現地通貨とドルとの為替レートが、ブラジルレアル安で、輸入品価格が高騰、しかし輸出が増えず、失業率が高い、収入不安で、ローンが払えず、自動車が担保に取られ、新車自動車購入が進まない。とのこと。
ブラジルの日系ゴム部品メーカーの生産の減っているとは聞いていましたが、ゴム業界人の説明に納得しました。
DSC03156E.jpg