So-net無料ブログ作成
検索選択

ベトナム ラバーディナーパーティー [天然ゴム]

先週はベトナムで天然ゴム協会(VietnamRubberAssociation)とベトナム最大の天然ゴム会社、国営会社VRG(VietnamRubberGroup)共同主催のVietnamRubberDinner、ベトナム最大の天然ゴム関係のパーティーが12月9日に約1000名の関係者、ユーザーを招いて開催されました。加藤もVRGJAPANの社長として出席しました。VRGのThuan社長のスピーチにもありましたが、今年2016年は天然ゴム価格が低迷し、厳しい年でした(もっとも12月は価格が高騰していますが、天然ゴムメーカーの感覚ではこれは一時的なことで、決して喜べないということです)という話が多かったです。9日はこのパーティー前に、加藤らとVRGのThuan社長と1時間VRGJAPANの会議を行いました。
下の写真はVRGJAPANのメンバーです。加藤以外は会社の従業員はみんなベトナム人ですが、THAHN会長以下みんなしっかり仕事をしてくれています。感謝しています。
月曜日には天然ゴムの世界で唯一の業界団体InternationalRubberStudyGroup (IRSG)のDrEvans社長が来日し、加藤も会って情報交換しました。やはり天然ゴム需給はバランスは供給が十分あり、とても高騰する状況ではないが、上海市場でPaperDealで天然ゴム需要家でない人が買っており、買いが買いを呼んでいる。東京市場でも証券会社あたりも買いを入れている。マネーゲームの道具になっているという状態です。
あす12日は日本ゴム工業会で資材関係の講演を2時間やります。
DSC01830E.jpgDSC01832E.jpgDSC01837E.jpgDSC01835E.jpgDSC01817E.jpg

ミカン狩り、バレーボール、天然ゴム高騰 [材料相場、需給]

先週は、11月29日には天然ゴム高騰についての当社のコメントが日本経済新聞11月29日朝刊で紹介されました。需給バランスとは関係なく、投資の金が、天然ゴム市場に流れてきて価格が高騰しています。理由はいろいろありますが、ここまで価格を上げる理由にはなっていない気がします。天然ゴム生産国、農民、加工会社はほっとしている面もあります。大きな流れではいままでに安値が通常レベルに戻ったというか。但しこれ以上の高騰は理由がなく、マネーゲーム化しています。これもトランプ効果か?タイヤメーカーも生産者も需給バランスにもとづいた安定した価格を望んています。
12月1日は日本ゴム協会関西支部(大阪)総合紹介講演会で加藤が海外合成ゴムについて発表、ブースで展示。広島のミカサがバレーボールの生産方法、構造について特別講演をしていました。その一コマを写真で紹介します。バレーボールは内側のブチルゴムボールはゴムシート3枚を重ねてカットして、加硫してふくらまし、繊維を巻いて、最後にクラリーノの人工皮革を張り付けてできあがり。これはおもしろい。
12月10日は恒例の関東の大手ゴム会社の購買部主催のミカン狩りに参加、今回で47回目、岩崎社長様も自らお酒を参加者皆さんについでまわっていらっしゃました。当日はよく晴れ富士山がキレいに。主なゴム材料メーカー、材料商社も参加で300名とか。当社の営業部長もこの第1回目に参加しているそうです。
MeijirubberMikangari2016-1.jpgMeijirubberMikangari2016-2.jpgNikkei11-29-2016.jpgMikasaballNihonbomukyoukaiKaisai12-1-2016.jpgMikasaballNihonbomukyoukaiKaisai12-1-2016-2.jpg