So-net無料ブログ作成
検索選択

天然ゴムRSS3ベトナム編 [天然ゴム]

お盆の時期にベトナムに出張し、天然ゴムRSS3工場にて打ち合わせ、工場監査をしてきました。
ベトナムのVRGJAPANの天然ゴムはラテックスをVRG傘下の農園から集めて、プールで凝固させ、お豆腐のような形で、カット、スライスして竿に干して、それから燻製室3-4日間、最後の一枚一枚チェックしてグレード分けして包装して出荷です。
下の写真のとおり。
RSS3は6-7月にちょっと値上がりに、タイヤ向けで主流のTSR20の価格があまり動かないのに、RSS3だけ値上がりに、タイの長雨、タイインドネシアの在庫玉買い上げと理由は一応ありますが、ちょっと不自然。8月に入り、RSS3だけの値上がりはもとに戻りました。
DSC00818E.jpgDSC00810E.jpgDSC00826E.jpgDSC00859E.jpg

米国、カナダ出張 [海外]

先週はほとんど米国、カナダに出張していました。北米でゴム練り会社No2PreferredRubber と No3のAIRBOSS社への訪問です。Preferred社はユーザーからの対応がよいとの評判があり、270Lバンバリーを多数持っており、米国2工場、メキシコ1工場です。Airboss社はK7ミキサーを中心にタイヤの練りOEMを受けており、また自社で一部ゴム製品(軍用の防毒マスク、超大型トラックの荷台シート、防振ゴム等米国らしい製品です)、カナダに2工場、米国に1工場ありますが、売上はほとんど米国ユーザーへの輸出でした。この2社はゴム練りも目指すものが異なり、特長があります。 あとピッツバーグ近郊にゴム材料会社でも打ち合わせと、 日本から着いてすぐにレンタカーを借りて毎日数百キロを一人で走りました。 GPS(ナビ)がついていますが、その画面と音声を聞きながらの運転です。画面をみると、この道をまっすぐ、60KM先を左折という具合でアメリカ、カナダのハイウェーを一人で飛ばします。時差もあり運転中に眠くなると、ちょっとコーヒーでも飲んで一休み。北米はレンタカーがないと何もできません。最後はトロントでCNタワーを20年ぶりにみて、1日間休暇です。 
北米の景気、自動車産業もゴム産業も、メキシコ生産にシフトしていき、安い車はメキシコで、カナダでは高級、中級車、ハイブリッド車の生産に分かれてきました。日本がこの20年間デフレだったので、逆に米国、カナダでは物価が高いと思える。ホテルも大都市は1泊$200ぐらいするので、レンタカーで大都市から離れた、安宿に泊まります。それでも日本のビジネスホテルより高い。日本のデフレをあらためて感じました。
帰国して1日間は会社におり、あすからべトナム出張です。

DSC00748E.jpgDSC00726E.jpgDSC00782E.jpgDSC00742E.jpgDSC00786E.jpg

ブラジルとゴム業界 [海外]

ブラジル、リオデジャネイロでオリンピックが始まりました。ブラジルは南米でゴム産業の中心です。材料(合成ゴム、カーボンブラック、プロセスオイル、一部のゴム薬品、添加剤、粉末硫黄、ステアリン酸、ゴムコンパウンド、金型、塩ビコンパウンド、TPE)のメーカーがたくさんあります。加藤も何回かこれらの会社を訪問して、進出する日本のタイヤ、ゴム会社に紹介しました。今のブラジルNo1のゴム練り会社に日本から材料を輸出しています。現地日系ゴム会社向けの練りの材料です。リオには2012年に行きました。4年後にオリンピックがこの街にくると話していましたがあっという間に4年間がすぎました。
今回日本のサッカーチームが初戦を戦ったアマゾン川中流部のマナウス市にも2007年に仕事でいきました。日系ゴム会社に機械の納入試運転で数日いました。下の写真のとおり、アマゾン川が川幅広く(私の後ろは海ではなくアマゾン川です)、またこの町は1900年前後天然ゴム栽培で大変栄えました。AMAZON RUBBER BOOMといいます。写真はそのゴムで栄えたマナウスのアマゾン劇場です。ゴムで儲かった金でできたといわれています。そのアマゾンだけにあったゴムの木の種をイギリスロンドンの植物園に持ち出したのがMr Henry Wickhamです。そしてそれを彼はシンガポールの植物園に移植し、そこからマレーシア、タイ、インドネシア、ベトナムに天然ゴム農園が拡大しました。
そのMr Henry Wickhamが1908年に出版した本がOn The Plantation Cultivation and Curing of Para India Rubber( ゴム農園における天然ゴムの栽培と硬化、ブロックゴム化)で、先週その本を久留米リサーチパークのゴム図書室に保管されている金子秀男蔵書で見つけました。なんと著者MrHenryWickhamのサイン入りです。100年以上前のゴムの本です。下の写真はこの本のとおり、著者がアマゾンから持ち帰った(盗んだ?)ゴムの種がシンガポールのボスニック植物園に持ちこまれゴムの木として育ったその木です。シンガポールで当社の杉谷さんが今年撮影してきました。
この話はまたあとで。
明日から米国、カナダ出張です。北米でNo2とNo3のゴム練り会社に行ってきます。

P1030693E.jpgstock-photo-the-amazon-theater-manaus-built-in-during-the-time-of-the-rubber-barons-36361753.jpgP1030718E.jpgDSC02919E.jpgDSC02918E.jpg20160801_124130_E.jpg20160801_124258E.jpg20160801_124122.jpgIMG_1148.JPGimage2.JPG