So-net無料ブログ作成

インド、タイ出張 [海外]

先週はインドCHENNAIに日曜日深夜に到着し1日合弁会社の事業打ち合わせ、日本の取引先銀行の方との打ち合わせ、その晩タイへ移動、その後タイで当社のメンバー2名で2日間フランスのゴム薬品メーカーのアジア代理店会議に参加。その後日系ユーザーを訪問し、その晩夜行便で帰国。
下の写真は、成田からバンコックへのタイ航空機内(当然エコノミークラスですが)、日本は冬型気候で九州は大雪、上空は強い西風。成田を出発して、1時間経ってから窓の右側に富士山が見えますとのアナウンス。びっくりです。1時間も飛べば大阪上空かと思いたら、まだ富士山の横?。対地速度が529km/時と表示され、ということは西風が時速400kmぐらい吹いているのでは?これではバンコック到着は1時間以上の遅れあり。インドチェンナイはさすがに30℃暑いのです。CHENNAI市内ももうすぐMRT(市内鉄道?)が開通します。写真にCHENNAI港のコンテナーヤードも写っています。インドのホテルの昼食で見かけたVEG SUSHI (野菜だけのすし、ベジタリアンの多いインド向けの太巻き、結構おいしい)。1日役員会をやって、晩にバンコックに移動。夜行便ですが飛行時間が2時間40分で、これでは寝れず。そのまま空港からホテルにタクシーで、朝8時半からの代理店会議に参加。ゴム薬品メーカー本社社長、各国の営業部長30名の前で英語で20分間ほど、日本の営業活動をプレゼン、さすが欧米系だけあって、今年の売り上げ目標等でかなりプレッシャーをかけられました。目標が達成できなかった場合は?? どうする? アジア人どおしではそんなに言われてもできないことはできないとぶつぶつ。晩はクルーズディナー、ところがバンコックもこの数日は寒い寒いで夜は気温15℃。川風もあり、本当に寒い。会議2日目は3グループに分かれて、どうしたら売上げUPになるか?その具体的な方策は?とWORKSHOPで議論しました。1日目発表したらもういいかと思っていたら、またもやWORSHOPのグループでの結論を加藤が発表しろとのこと。これも20分間まとめて発表。午後は日系ユーザーを含め2社を訪問。その晩東京に夜行便で帰国。それも成田まで4時間40分。バンコックから本当に4時間40分で成田着。到着1時間半前に朝食がでるので、これでは寝る時間がほとんどない。
成田からそのまま会社に出社で、昼には来客2件。今回2日間徹夜みたいなもので疲れました。
金曜日には日本ゴム輸入協会の新年会。4大タイヤメーカー購買部長、役員様ご出席で、こちらはベトナムの天然ゴム会社製造販売社長としていろいろ情報交換させていただきました。そして化学経済3月号「世界化学工業白書」の合成ゴム編の原稿の締め切りが1月末なので、やっとこの土日に原稿が完成しました。テーマはこれからの合成ゴム会社の将来。
というわけであっという間の1週間でした。
DSC04583E.jpgDSC04581E.jpg20160124E.jpg20160125E.jpgDSC04597E.jpgDSC04609E.jpg


イラン国営ラジオ出演、台湾真空プレス成型機、日経産業新聞にも [海外]

先週ベトナムから帰り、直後に九州に出張、その後台湾へ出張、受注した日系ゴム工場向けのゴム真空プレス成型機2連(以下の写真のとおり)の試運転に立ち会い、チェックをして、これはフィリピンの日系工場向けの出荷です。台湾のゴム機械メーカー首脳を話して、やはり中国ローカルのゴム会社向けの機械設備の受注量が大幅に落ちているとのこと。あのMESNACも人員整理中だとか。土曜日に帰国して夕方からイラン国営ラジオ放送(IRIBラジオ)の日本語放送に「イランに出張して感じたこと」というテーマで電話で出演しました。
イランの日本語放送があったこともあまり知られていませんが、日本語での放送です。
http://japanese.irib.ir/ にありますが、現在、ラジオ日本語は、インターネット、短波、衛星放送、FM放送(テヘラン市内のみ/30分間・他は1時間)で一日に2回、放送されています。私の分は29日金曜広場でリスナーの声として放送されるとのこと。イランに行く前と行ってからの印象が大きく変わったと話しました。なかなかない経験でした。
1月19日の日経産業新聞に当社の合成ゴムマーケットについてのコメントが載りました。下の通りです。
ナフサがさがると2月から合成ゴムの価格が下がります。今回はブタジエン価格下落が大きくブタジエン分が多い合成ゴムほど下げ幅が大きいでしょう。一部メーカーは1月から価格を下げています。
天然ゴムは下げどまり感があります。
土曜日に台湾から帰国し、夕方イランラジオ放送に電話出演し、あす日曜日からインド出張です。合弁会社での会議でインドに1日間、そのあとタイで代理店会議や取引先訪問で2日間、これで1月だけで4か国の海外出張です。夜行便での移動が続き、ちょっと大変か?原稿の締め切りも間もなくくるし機内で原稿を書くか。 今年も頑張ります。
IRAN IRIBRadio1-29-2015interview.jpgmini_DSC04485E.jpgmini_DSC04578E.jpgNikkeisangyo1-19-2016.jpg

天然ゴム生産工場(ベトナムVRGJAPAN) [天然ゴム]

ベトナムVRGJAPANが供給する天然ゴム工場で打ち合わせ。
以下の写真のとおり。天然ゴム農園からラテックスや、カップラム(ラテックスを木に取り付けた皿に残った生ゴム屑)を集め、それを長いプールに流し、半日かけて酸を加えて固め(まるで豆腐のようになります)、それをロールで水を絞り、最後にオーブンで乾燥させて、それをプレスで押し固め、されに金属探知機で検査して、包装して日本向けや日系タイヤ向けに出荷します。月に1000トン近くを出荷しています。ベール内部の温度を測定するもの品質管理です。
とはいえ、いろいろと改善、注意すべき点があり、ひとつづつ問題点を解決していきます。 自分達が作って供給する天然ゴムが日本の自動車に装着するとなるとVRGJAPANの社長としてうれしいものです。
工場にはなぜかJSRの合成ゴムのメタルパレットがあったりして。
ホーチミンの街は旧正月を前に街はライトで飾り付けされています。晩はみんなで鍋とベトナム料理です。
P1090816E.jpgP1090959E.jpgP1090819E.jpgP1090841E.jpgP1090687E.jpgP1090857E.jpgP1100003E.jpgP1090616E.jpgP1090929E.jpg

2016新年1月 [材料相場、需給]

ゴム業界の皆さん
今年もよろしくお願いいたします。
今年はゴム原材料の需給はどうなるでしょう? 基本は余剰気味ですが、原油が下がれば、ナフサ、ブタジエンがさらに下がり、さらに1月の円高を考えると1-3月のナフサは¥37000/KLぐらいまでさらに下がり、合成ゴム安か。天然ゴムの低位安定か?
但し中東で戦闘状態が始まれば、原油が急騰する可能性もあり。目を離せません。
今年の10月には北九州でゴム国際会議(日本では11年ぶり)とゴム展示会が開かれます。是非出展をご検討ください。海外からも出展社が数多く来ます。材料、機械メーカーの出展が多いようです。5月の日本ゴム協会(学会)の年次総会(埼玉大宮ソニックシティ)では学術的な発表だけでなく、今年から材料、機械、製品メーカーの製品紹介の発表ができるようになりました。製品のPRを堂々とできるような機会です。これは参加費用も安く、コストパフォーマンスがよくてお得です。是非発表の申し込みを。
加藤は1月だけでもベトナム、台湾、インド、タイの出張が決まっています。今年も毎週海外出張か?化学経済誌の原稿も仕上げなければならないし、海外からの取引先も来日するし、忙しい日々が続きます。
今日からベトナムホーチミンにきています。いつものベトナム航空(下の写真のとおり)で来ました。天然ゴム農園回りです。ホーチミンはオートバイだらけで、やはり若い人口が多い国は潜在成長力があります。昼は写真のようなところで昼食、これでも食あたりはしません。
当社もこれから成長する国でどんどん投資して、仕事を増やしていくつもりです。
20160110_144503.jpg
P1090612a.jpgP1090630a.jpgP1090631a.jpg