So-net無料ブログ作成

宮崎出張、墨東ゴム工業会、中国アンチダンピング税 [材料相場、需給]

今週は前半は宮崎に出張、ゴム材料の打ち合わせ、宮崎からJRの乗って移動、一泊してトンボ帰りでした。初めて行く場所は楽しいですね。あとは、化学業界紙、通信社と材料相場について情報交換、また東京の墨東ゴム工業会の総会で恒例の講演で、2018年ゴム業界の近況について1時間講演しました。下はその一部です。今週は日経新聞にもデンカ(クロロプレンゴム)の利益が増えている、中国がハロゲンブチルの輸入にアンチダンピングで23-66%輸入関税をとりあえず追加するとの記事がありました。デンカの件は、数週間前に、加藤事務所が大手の証券アナリストらとの勉強会で、クロロプレンのマーケットについて説明したところ、それを聞いたアナリストらがデンカの利益、株価に興味をもっていましたが、それが関係しているかも。
中国と米国の経済戦争?けんか?が気になります。ハロゲンブチルは、タイヤの内側の1層で空気が抜けるのを防ぎます。昔はブチルゴムでしたが、今はハロゲンブチル、特にブロモブチルが使われています。中国国内でも製造されていますが、生産量が少なく、大手タイヤメーカー、特に外資系タイヤメーカーは輸入品のEXXONMOBILとARLANXEO(LANXESS)を使っていると思われる。シンガポールには中国市場に輸出されるブチルのARLANXEOの工場があり、同じシンガポールでまもなくEXXONMOBILの新ブチルプラントが完成する。会社別のアンチダンピング税が決まるが、EXXONMOBIL新工場を狙いうちにしているとしたら、これは明らかに中国の、米国への仕返しか? もっともそのつけを払うのは中国のカーメーカー、個人になるであろう。タイヤの価格がそれだけあがるから。中国製のブロモブチルの販売量が上がるとは思えない。
BokutouGomuKouen4-19-2018.jpgDSC05525e.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。