So-net無料ブログ作成

TireTechnologyEXPO2018タイヤ技術会議/展示会参加 [海外]

フランスでMLPC社でゴム加硫促進剤の打ち合わせをしたあと、アムステルダム経由ドイツハノーバーに移動、2月20-22日開催のTireTechnologyConference&EXPOに参加、6000名のタイヤ関係者が集まり、290社が出展している。日本からもタイヤメーカー技術者、購買関係者が60名ぐらい参加。日本ゴム協会の幹部、幹事もちらほら。写真のとおりですが、タイヤ会議ではテーマ別にいろいろな発表があります。発表は英語です。材料、試験、等ですが、日本ではあまりないのが、タイヤ産業の未来です。これは面白かった。自動運転でタイヤがどう変わるか? EV化でタイヤはどう変わるか?10年後のタイヤはどうなるか? なかなか日本では聞けない話です。
また展示会では日本からも10社が出展。タイヤ機械メーカーが多いようです。昨年よりも出展社数が増えている。景気よしか?ナノカーボンもあり。S-SBRの関してのポーランド、ロシア(2社)が結構開発がすすんでいて驚き。旭化成は第6世代の開発を示唆。
というわけであっという間でした。当社が代理店をしているRodolfoComerio(カレンダー、ロール)、Larsen&Toubro(加硫機)のブースで日本のタイヤ会社の方と打ち合わせ。あとはおもしろそうなタイヤ材料はないかとあちこちのブースをうろうろ。
という一週間でした。ドイツ、ロシアはまだまだ寒い。
TTCentrence2018.jpgDavidShaw2018TireTechnologyConference.jpgTireTechnologyEXPO2018.jpgAsahikaseiatTTE2018.jpgHFgroup.jpgRodolfoComerio.jpgLarsenTourbor.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。