So-net無料ブログ作成

カレンダー機メーカーRodolfo Comerio、ナフサ価格予想 [機械]

先週はイタリアからゴム加工機のカレンダーのメーカー Rodolfo Comerio社の営業部長が来日し、タイヤメーカー等をまわってご紹介しました。同社は今年で139年目、ゴム用のカレンダーを世界で初めて作った会社です。1925年にゴム用カレンダーを始めてつくりピレリ―社に納入しました。写真のとおりですが、ある意味今とあまりかわっていない?。営業部長は同社の5代目のひとです。父が今の社長で、会社オーナーです。カレンダーは薄さの精度がいのちです。+/-1ミクロンで制御するため、いろいろなノウハウが詰まっています。タイヤ用でコード入りのゴムシートの厚みが薄ければ、それだけ、無駄のない、薄い、軽いタイヤコンパウンドを作れる可能性があります。この10年間で同社は世界のカレンダーの新規受注の半分ぐらいをとったとか? 
ブタジエンが$1000/MTを割ったらまた上がりました。ナフサは相当上がっています。10-12月国内ナフサは¥44500/KLぐらいになるかも。EPDMが7-9月に比べて¥20/kgは上がります。さらに海外ではカーボンブラックが急騰しています。物不足です。これも中国の環境規制のせいです。12月12日には日本ゴム工業会で資材関係の講演「ゴム資材の最新動向」を講演します。そろそろ原稿を考えなければ。明日からベトナムVRG社幹部一行が来日し、さらにフランスのゴム薬品メーカーMLPC社社長以下が来日し、さらに日本ゴム協会エラストマー討論会が京都大学であり、毎日フルアテンドで、時間がありません。忙しい。
RodolfoComerio.jpgFirstCalenderRC.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。