So-net無料ブログ作成
検索選択

東京ゴム薬品商同業会見学会ヤマト運輸、東芝 [ご紹介]

先週は、神戸、仙台に出張、それから某自動車メーカーの購買部との打ち合わせ(コンサルティング業務)、さらに東京ゴム薬品商同業会の見学会に参加し、ヤマト運輸の羽田クロノゲート(宅急便の自動仕分けセンター)と川崎の東芝の東芝未来科学館の見学をしてきました。下の写真のとおり。この2か所とも旬の話題の場所です。ヤマトは、人手不足で値上げを打ち出し、残業代未支払い230億円が判明し、見学会の日が株主総会日。目の前で相当早いスピードでコンベアーで宅急便の箱が行先別に自動仕分けされていました。昼間だったのでアマゾンの箱の仕分けが多かったように見えました。これもアマゾンとクロネコが運賃値上げで近く取引停止とのことで(日経新聞によると)、このアマゾンの箱が見られるのも最後かと。午後はこれも話題の東芝の未来科学館で東芝の歴史、取扱い製品の展示の見学。これも1年以内にその歴史も書き換えれるだろうし、展示のフラッシュメモリー等儲け頭は、一年後は確実にこの展示館からなくなるでしょう。そういった意味では今しか見れない東芝製品、歴史の展示でした。ちょっと前ならば原子力発電関係が大きく展示されたかもしれないが、さすが、原発関係はほどんど展示されていなかった。
そういう意味でも今回の旬な見学会の場所を設定された同業会幹事の加藤産商に感謝。
ブタジエンは先週もUS$925/MTで停滞。中国で、新しいブタジエンの買いが入らない。合成ゴムの生産が頭打ち。中国の新車への補助金が1月から半額になったことの影響がやっとでてきたか?
天然ゴムはある意味では相場が正常化。RSS3と TSR20の値差も大体想定の範囲内にもどってきました。大体この価格帯のレンジが正常だと思う。
ブチル再生ゴムの原料である輸入ブチルチューブスクラップの国際相場が急上昇中、インドでの需要が増えて、インドが国際市場で買いを入れており、そのため価格上昇。中国が休みならば、今度はインドが好調で、ゴム材料が一部不足になりつつあり。数年後の市況変動の始まりか?
yamatochronogate6-2017.jpgtoshibamiraikann.jpgtoshibamiraikann2.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0