So-net無料ブログ作成

気温40度で今日は涼しい インド出張 インド物品税スタートする [海外]

先週2日間だけインドに出張してきました。取引先で価格交渉で成約というのもありましたが、メインは加藤事務所が50%出資しするインドジャパンポリマーズ社の新工場立ち上げの打ち合わせです。下の写真のとおり、3月に落成式を行った工場で、3ラインでも生産が始まりました。インドローカルの顧客で新工場生産品のサンプルアプルーバルが進んでいます。営業会議も開き、インド3か所の営業所からも営業マンをあつめ、早く生産量がふえるよう真剣です。
 この工場のあるグラジャート州Dododaraも5,6月は暑い。訪問した日も気温40度ですが、皆先週の43度に比べると今日は涼しいと言います。まさに熱風に中にいるようなものです。
 工場ではドイツ製とインド製(技術はドイツ)の3台の押し出し機が動きます。試験室にもいろいろな試験機が入りました。試験用の成型プレスも射出成型機も色分析器も稼働します。カラーマスターバッチ(白、カラー、黒)でスタートしていますが、薬品(滑剤、目やに防止、酸化防止、UV保護、その他)マスターバッチもまもなく生産開始です。そのうちエラストマーも作ってみたい。ベースポリマーはPE,PP, エンプラ,PC.等です。日本の生産技術品質確保のやりかたも導入します。製品にご興味がある方は当社までご連絡します。日本向けの輸入販売も行いますので。
 インドでは7月1日から全国統一物品サービス税(消費税)が導入されます。この5月中旬にその税率が発表されました。税率ものによっていろいろあります。天然ゴムは5%、合成ゴムが18%、カーボン、ゴム薬品が18%、タイヤは28%、ゴムホースが18%、ゴムロールは28% これは難しい、ややこしい。ゴム成型工場は税の処理はどうするの? この辺りは、ゴム報知新聞WEB版の6月に加藤事務所加藤進一のコラム(ゴム業界の常識、非常識)で説明します。ぜひご覧ください。
DSC03396E.jpgDSC03408E.jpgDSC03394E.jpgDSC03414E.jpgDSC03421E.jpgDSC03363E.jpgDSC03300E.jpgDSC03424E.jpgDSC03373E.jpgDSC03375E.jpgDSC03386E.jpgDSC03411E.jpgDSC03285E.jpgDSC03278E.jpgDSC03307E.jpgDSC03297E.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0