So-net無料ブログ作成

ブタジエン価格、 インド新工場 [材料相場、需給]

ブタジエンが高騰しています。1月20日現在US$2850/MTという指標がでているが、さすがにこのあたりで止まっています。確かにアジア各地でちょこちょこブタジエン工場の不具合がでているが、中国が本当にこの価格で買っているのか? たぶん薄商いで価格だけがあるのでは?確かに中国のタイヤ会社が生産を回復してきているのは事実だが、ちょっと天然ゴム(これは完全にマネーゲーム化しており、証券会社がまだ天然ゴムを買っている)といい、ブタジエンといい需給を無視しているのではと思います。国内合成ゴムも2月からの新価格がでたが、加藤の昨年11月の予想より、かなり値上げ幅が大きくなった。昨今のブタジエン価格を反映したものでしょう。カーボンブラックも値上げ約¥15/kgが発表になった。加藤が11月の日本ゴム工業会資材講演会で、講演したときにカーボンブラックが2月-3月に必ず値上げになりますと話しましたがその通りに、こちらもそのときに皆さんに説明した値上げ幅より大きくなった。原油、円安を考えれば当然でしょう。
先週はインド、タイにいました。写真とおり当社のインド合弁会社INDO-JAPAN POLYMERS社の樹脂添加剤マスターバッチ工場です。2月に完成ですが、急ピッチに建築工事、機械据付が始まっています。タイでは日系ユーザーを訪問、さらに日本に輸入しているタイヤチューブスクラップ(写真、ブチル再生ゴムの原料)の検品と商談です。2日続きの夜行便での移動はさすがに疲れました。
 2月には またインド、中東、ヨーロッパ、米国と世界一周出張をしてきます。こちらも夜行便3回か。
DSC02106E.jpgDSC02167E.jpgDSC02129E.jpgDSC02218E.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0