So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

東京ゴム薬品商同業会見学会ヤマト運輸、東芝 [ご紹介]

先週は、神戸、仙台に出張、それから某自動車メーカーの購買部との打ち合わせ(コンサルティング業務)、さらに東京ゴム薬品商同業会の見学会に参加し、ヤマト運輸の羽田クロノゲート(宅急便の自動仕分けセンター)と川崎の東芝の東芝未来科学館の見学をしてきました。下の写真のとおり。この2か所とも旬の話題の場所です。ヤマトは、人手不足で値上げを打ち出し、残業代未支払い230億円が判明し、見学会の日が株主総会日。目の前で相当早いスピードでコンベアーで宅急便の箱が行先別に自動仕分けされていました。昼間だったのでアマゾンの箱の仕分けが多かったように見えました。これもアマゾンとクロネコが運賃値上げで近く取引停止とのことで(日経新聞によると)、このアマゾンの箱が見られるのも最後かと。午後はこれも話題の東芝の未来科学館で東芝の歴史、取扱い製品の展示の見学。これも1年以内にその歴史も書き換えれるだろうし、展示のフラッシュメモリー等儲け頭は、一年後は確実にこの展示館からなくなるでしょう。そういった意味では今しか見れない東芝製品、歴史の展示でした。ちょっと前ならば原子力発電関係が大きく展示されたかもしれないが、さすが、原発関係はほどんど展示されていなかった。
そういう意味でも今回の旬な見学会の場所を設定された同業会幹事の加藤産商に感謝。
ブタジエンは先週もUS$925/MTで停滞。中国で、新しいブタジエンの買いが入らない。合成ゴムの生産が頭打ち。中国の新車への補助金が1月から半額になったことの影響がやっとでてきたか?
天然ゴムはある意味では相場が正常化。RSS3と TSR20の値差も大体想定の範囲内にもどってきました。大体この価格帯のレンジが正常だと思う。
ブチル再生ゴムの原料である輸入ブチルチューブスクラップの国際相場が急上昇中、インドでの需要が増えて、インドが国際市場で買いを入れており、そのため価格上昇。中国が休みならば、今度はインドが好調で、ゴム材料が一部不足になりつつあり。数年後の市況変動の始まりか?
yamatochronogate6-2017.jpgtoshibamiraikann.jpgtoshibamiraikann2.jpg

ブタジエンが$1000/MTを割った [材料相場、需給]

ブタジエンの北アジア相場が 6月上旬に$1000/MTを割りました。2月に$2500/MT近くまで高騰しましたが下げも早く、いったん5月初めに$1300/MTぐらいでとどまりましたが、その後天然ゴムの価格下落に合わせて、ずるする下がっています。関係者によるとさすがにこのレベルがそこであろうと言われていますが問題は中国で合成ゴムが4月以降売れていない。よって原料のブタジエンを新たに買おうをいうユーザーがなかなか出てこない。ということです。天然ゴムが5月になり落葉期が終わり、原料ラテックスが市場にどんどん出てくることは予想通りで別に驚くことではありませんが、中国での合成ゴムの生産抑制が気になります。
 タイヤが売れないのか? 確かに4月以降中国の景気が踊り場だというニュースは結構あります。加藤の見立てでは、それもありますが、本当の原因は中国でのカーボンブラック不足で、タイヤメーカーが作りたくても、このカーボンブラック不足でタイヤ生産量を落とさざるを得ないという可能性です。これは今後夏までこの状態が続きそうです。
 天然ゴムはRSS3と TSR20の値差が通常期のレベルまで下がってきたので、もう市場として正常な状態になったと思います。やっと昨年11月からの高騰が終わりました。
合成ゴムとブタジエンの市況価格には注目していきたいと存じます。
下に写真はJSRのブタジエンタンク JSRのサイト http://www.jsr.co.jp/csr/2014/img/special/sp5_14.jpg より。
ButhdieneTankJSR.jpg

気温40度で今日は涼しい インド出張 インド物品税スタートする [海外]

先週2日間だけインドに出張してきました。取引先で価格交渉で成約というのもありましたが、メインは加藤事務所が50%出資しするインドジャパンポリマーズ社の新工場立ち上げの打ち合わせです。下の写真のとおり、3月に落成式を行った工場で、3ラインでも生産が始まりました。インドローカルの顧客で新工場生産品のサンプルアプルーバルが進んでいます。営業会議も開き、インド3か所の営業所からも営業マンをあつめ、早く生産量がふえるよう真剣です。
 この工場のあるグラジャート州Dododaraも5,6月は暑い。訪問した日も気温40度ですが、皆先週の43度に比べると今日は涼しいと言います。まさに熱風に中にいるようなものです。
 工場ではドイツ製とインド製(技術はドイツ)の3台の押し出し機が動きます。試験室にもいろいろな試験機が入りました。試験用の成型プレスも射出成型機も色分析器も稼働します。カラーマスターバッチ(白、カラー、黒)でスタートしていますが、薬品(滑剤、目やに防止、酸化防止、UV保護、その他)マスターバッチもまもなく生産開始です。そのうちエラストマーも作ってみたい。ベースポリマーはPE,PP, エンプラ,PC.等です。日本の生産技術品質確保のやりかたも導入します。製品にご興味がある方は当社までご連絡します。日本向けの輸入販売も行いますので。
 インドでは7月1日から全国統一物品サービス税(消費税)が導入されます。この5月中旬にその税率が発表されました。税率ものによっていろいろあります。天然ゴムは5%、合成ゴムが18%、カーボン、ゴム薬品が18%、タイヤは28%、ゴムホースが18%、ゴムロールは28% これは難しい、ややこしい。ゴム成型工場は税の処理はどうするの? この辺りは、ゴム報知新聞WEB版の6月に加藤事務所加藤進一のコラム(ゴム業界の常識、非常識)で説明します。ぜひご覧ください。
DSC03396E.jpgDSC03408E.jpgDSC03394E.jpgDSC03414E.jpgDSC03421E.jpgDSC03363E.jpgDSC03300E.jpgDSC03424E.jpgDSC03373E.jpgDSC03375E.jpgDSC03386E.jpgDSC03411E.jpgDSC03285E.jpgDSC03278E.jpgDSC03307E.jpgDSC03297E.jpg

日本ゴム協会年次大会研究発表講演会で発表、世界のゴム機械、試験機 [機械]

5月18-19日と名古屋で開催された、日本ゴム協会(いわゆるゴム学会)の2017年年次大会の研究発表講演会で「世界のゴム機械、試験機」というテーマで加藤発表をしてきました。加藤は日本ゴム協会の代議員でもあり、定時社員総会にも出席しました。
発表テーマは、世界ではどんなゴム機械、試験機がメジャーな機械か?日本にいると日本製の機械しか知る機会がありませんが、日本のゴム機械は世界ではそのシェアー(数量ベース)はだいたい10-20%ぐらい。よってどの会社のゴム機械、試験機がいま旬な機械か そういった解説の発表です。 下の写真でその一部を公開しておきます。プレゼンスライドは30枚以上ありましたから、ごく一部ですが。また写真のとおりポスター発表もしてきました。 ゴム学会の先生方の講演、研究発表にくらべれば、私の発表はそれほど中身がありませんが、日本のゴム産業界、技術者にも、世界ではこんなゴム機械がよく使われているという情報を提供していきたいという気持ちがあります。
海外進出しているゴムタイヤ会社では、海外製の良い性能、コストパフォーマンスの機械、試験機をどんどん取り入れています。加藤事務所のそのような機械、試験機をこの日本のマーケットにもご紹介、販売しています。
Gomukyoukainenjitaikaihappyou5-18-2017.jpg
Sekainogomukikaishikennki1.jpgSekainogomukikaishikennki2.jpgSekainogomukikaishikennki3.jpgSekainogomukikaishikennki4.jpgGomukyoukainenjitaikaihappyou2 5-18-2017.jpg

ベトナムラバーグループ一行来日 [天然ゴム]

5月9日からベトナム最大の天然ゴム会社ベトナムラバーグループ VRGの社長以下各DongNai,PhoucHoa他大手工場の社長らが来日しました。当社とJTC社でアテンドして、13日まで大手タイヤ会社、在日ベトナム大使館、当社、JTC社と会談をしました。VRG社の社員は約10万人、その社長ですからこちらも気を使います。いわゆるフルアテンドです。昼食、夕食をともに、宿泊場所、会食の場所もいろいろ考えてです。面談いただいた取引先の方々、大使館幹部の方々ありがとうございました。
VRG社は国営企業で、天然ゴムの生産量は年間約30万トン、ベトナム天然ゴムの約1/3を占める会社です。社長は国会議員でもあります。会談に対しての事前ブリーフング、ベトナム大使館との調整。いろいろとやることがあります。当社本社事務所にも来られました。京都や東京の観光もあり、最終日はショッピングもいれて、無事帰国されました。社員10万人の会社のトップの方ですから、こちらもかなり気疲れしました。それにしても毎晩酒の量のすごかった。

 ブタジエンが下げ止まった後、また下がっています。しかしぐんぐん下がるという状態ではありません。さて天然ゴムはこの価格でステーか?
15日の週後半は名古屋で日本ゴム協会(学会)年次総会で加藤の発表があり、今プレゼン資料を作成中です。
VRGbanner_e.jpg

連休は機械の設置立ち合い [機械]

5月の連休は6日間取引先の工場に通いゴム加工機械を搬入、組み立て、設置、調整、試運転の立ち合いをしていました。機械の設置はたいだいゴム工場の長期休みの期間にやることが多いのです。
今回もそういうわけで、加藤は連休はなし。4月29日から土日もなく毎日取引先の工場に朝8時から夕方まで、立ち合いし、自分でも機械の調整をしてきました。無事機械は動き出し、ゴム製品生産がスタートです。そういえば今年の8月のお盆休みも機械の設置立ち合いが決まっています。
 ブタジエンの価格が予想通り下げ止まりし、やや上昇しかかっています。昨年秋のレベルまでは下がりませんでした。やはり中国のタイヤ生産が復活か?
 昨日土曜日にはブラジルの大手ゴム材料商社の社長が来日し、夕食をともにしました。
ブラジルの景気が本当に悪い。自動車生産がこの5年間下がる続け、5年前の30%以上減です。これではゴム産業も失速中で、あと一年はまだ低迷するであろう。この5年間現地通貨とドルとの為替レートが、ブラジルレアル安で、輸入品価格が高騰、しかし輸出が増えず、失業率が高い、収入不安で、ローンが払えず、自動車が担保に取られ、新車自動車購入が進まない。とのこと。
ブラジルの日系ゴム部品メーカーの生産の減っているとは聞いていましたが、ゴム業界人の説明に納得しました。
DSC03156E.jpg
 

日本ゴム精練工業会で講演、台湾出張、天然ゴム [材料相場、需給]

先週は日本ゴム精練工業会総会で原材料の動向、市況、今後の予想と 世界のゴム練り会社の動向について講演をしました。そのいくつかは下のとおり。
また台湾に1日間だけ出張してトンボ帰り。滞在時間20時間ぐらいでしたが、家を出てから先方の会社までやはり10時間ぐらいかかる。ほぼ3週間、毎週1回台湾に通った。今回は往復とも格安航空会社の安い飛行機で。片道1.4万円だから新幹線で大阪に行くよりも安い。下の写真は台湾新幹線の座席で、今回は新型の車両だった。座席のテーブルにペットボルトを立てることができるところが日本の新幹線とちがうか。台湾のセブンイレブンでウーロン茶とおにぎりをかって車内で昼食をとった。
天然ゴム相場価格は、US$ベースでは下げ止まり感がでてきた。やはり、中国の景気回復とインドの好調がその要因か。昨年レベルまでは下がらないであろう。
今週は東京の墨東ゴム工業会で原材料関係の講演をします。
現在当社では中途入社の方(若い方)を募集中でマイナビに採用案内を出しています。すでに50名以上の応募があり、現在一次面接を進めています。こちらの採用関係も忙しいのです。

Nihongomuseirenkougyoukai4-13-2017A.jpgNihongomuseirenkougyoukai4-13-2017B.jpg20170417E.jpg

台湾出張、ブタジエンナフサ価格 [機械]

台湾で22インチロールの完成試験立ち合いに行ってきました。某一部上場企業のユーザー1行といっしょに3日間、当社が代理店をしている台湾ゴム機械メーカーで試運転を繰り返し、さらに修正点40か所のチェック。いつものことです。
4日は時間があったので一人で小籠包の有名な店で昼食。
また当社が代理店をしている油圧プレスメーカーにも、見学と打ち合わせに。こちらもゴム射出成型機2台のご注文を受けて別の日系ユーザーと現地で仕様の打ち合わせをしてきました。写真は製作中のダウンストローク700トンプレスと、この油圧プレスメーカー工場にある、部品自動倉庫(420箱に油圧部品が在庫管理されています)です。
今週は日本ゴム精練工業会総会でゴム材料の市況動向、世界のゴム練り会社の動向について講演をします。その原稿作成で土日は会社に。ブタジエンとナフサのアジア価格をグラフにまとめました。以下のとおり。ブタジエンはどこまで下がるか?天然ゴムもどこまで下がるか 注目しています。
DSC02857E.jpgDSC02877E.jpgDSC02878E.jpg20170404E.jpgBDNaphtha2016-42017.jpg

ブタジエン下がる 台湾出張 [材料相場、需給]

ブタジエンが下がってきている。需給を考えればそのとおりですが、$2000/MTを切りつつあり。あとはどこまで下がるかです。また天然ゴムもRSS3で$2.5/KGを切ってきている。これも$2.0/kgを目指すであろう。落葉期の終わりが意識されてきている。しかしブタジエン、天然ゴムとも昨年10月の相場レベルまで下がるとは考えにくい。中国でのタイヤ生産が相当急増してきているので、需給がしまってきている。またカーボンブラックの値上げがここにきてすごい。国内も2月の値上げに続いて、また値上げになるであろう。
 先週は日本の祭日に台湾に1日だけ出張、機械メーカーで打ち合わせ。台北桃園空港と台北市内、また台湾新幹線桃園駅を結ぶ、MRTメトロが3月2日に開通したので、空港往復でさっそく乗ってきた。空港から台湾新幹線駅まで15分、いままでは空港バスかタクシーだったので、これは便利。
 会社の周りも桜が咲いてきました。会社から東京駅まで桜並木がずっと続いています。
写真のとおり。今週はまた台湾に完成した機械の試運転立会、仕様打ち合わせでまた出張です。
20170402_133810E.jpgDSC02761E.jpgDSC02763E.jpg

ブタジエンが$2000/MTを割る [材料相場、需給]

ブタジエン価格が毎週下がりつつあります。天然ゴム価格高騰と違い、ブタジエン価格の高騰は価格が上がりすぎという感もありましたが、当然さがりつつあります。注目はどこまで下がるかです。今週は$2000/MTを下回りつつありますが、$1500/MTあたりで止まるかです。中国のタイヤの生産が増えてきています。その結果、昨年のように$1000/MTを割ることはないのでは?天然ゴムの価格がここにきてあまり下がらないもの同じ理由です。意外と中国のタイヤ生産が回復しているのです。またアジアのブタジエン工場で、C2,C3を多く取れるようにするため、最近はブタジエンの生成を減らし、エチレンプロピレンがより多く生成するような技術が広まり、結果長期的にアジアのブタジエン生産量が減るという情報もあります。
 今週は神奈川県のゴルフ場に行ってきました。写真のとおりですが、日本のゴルフ場でないみたい?途中でカートでホットドッグ、サンドイッチ、ビール、コーラが移動販売にきます。このゴルフ場には宅急便でゴルフクラブが送れません?。入場にパスポートが必須です。ゴルフ練習場のボール貸出機はドル札しか使えません?もちろんキャディーなしの電動カート。 ここは米軍厚木基地のゴルフ場です。まるで本当に米国のゴルフ場を回っているようです。売店の支払いは$払いで。
明日3月26日から台湾出張です。
2017-3-25NAFAtsugiGolfClub.jpg
前の10件 | -